青山忠貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
青山忠貴
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治元年(1658年
死没 正徳3年閏5月12日1713年7月4日
官位 従五位下筑後守
丹波亀山藩世嗣
氏族 青山氏
父母 青山宗俊
青山忠重
兄弟 忠丸、忠雄忠重、貞俊、忠貴
永井尚長正室
雨宮正長娘
テンプレートを表示

青山 忠貴(あおやま ただたか)は、江戸時代前期から中期にかけての丹波国亀山藩の世嗣。官位従五位下筑後守

略歴[編集]

万治元年(1658年)、信濃国小諸藩[1]青山宗俊の五男として誕生。正室は雨宮正長娘。

元禄元年(1688年)、兄で浜松藩3代藩主[2]青山忠重の養子になって後継者に指名されていたが、兄に先立って正徳3年(1713年)に死去した。享年56。

このため、青山氏の家督は忠重の四男・俊春が継ぐこととなる。

脚注[編集]

  1. ^ 後に遠江国浜松藩初代藩主。
  2. ^ 後に丹波亀山藩初代藩主。