半保護されたページ

青山愛 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

あおやま めぐみ
青山 愛
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県
生年月日 (1988-10-14) 1988年10月14日(32歳)
身長 161.5cm
血液型 A型
最終学歴 ジョージタウン外交大学院
京都大学経済学部
活動期間 2011年 - 2017年
ジャンル 情報番組ほか
出演番組・活動
出演経歴報道ステーション
マツコ&有吉の怒り新党
スポーツサンデー
いま世界は』など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

青山 愛(あおやま めぐみ、1988年10月14日[1] - )は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)職員[2]テレビ朝日の元アナウンサー

人物

広島県出身[3]

父の仕事の関係で生後7ヶ月で渡米して7歳までアメリカ合衆国ニューヨーク州にて生活して日本に帰国。中学校と高等学校の5年間をアメリカ合衆国テキサス州にて生活して高等学校2年次に日本へ帰国して国際基督教大学高等学校へ編入学[4][5]。高等学校を卒業して京都大学経済学部に入学。大学2回生のときにペンシルベニア大学(アメリカ合衆国)に1年間留学[5][6][7]。またモンゴルでのボランティア体験やフランスでのホームステイ経験など日本国外での活動経験が多い[7]

テレビ朝日に2011年4月に入社してアナウンサーになる。同期入社は斎藤康貴。3ヶ月の研修の後に同年7月19日の『速報!甲子園への道』(朝日放送制作)の関東ローカルパートにてアナウンサーとしてデビュー。

2011年8月15日から2014年3月28日までは、『報道ステーション』で3代目の気象キャスターを担当[3][8]2012年には、オリコン主催の「第8回好きなお天気キャスターランキング」で第9位に入った。また、2013年度には、テレビ朝日開局55周年記念応援隊の若手女子アナウンサーユニット『ゴーちゃん。GIRLS』に参加していた[9]

2014年3月31日からは、先輩アナウンサーで2代目の気象キャスター・宇賀なつみの後任として、『報道ステーション』のスポーツキャスターに就任。宇賀が担当していた「朝日新聞」夕刊スポーツ面の連載企画『戦士のほっとタイム』のインタビュアーも引き継ぐ。

朝日新聞夕刊スポーツ面『戦士のほっとタイム』インタビュアー(2014年4月 - 2016年3月)基本として月に1回のペースで掲載。

『報道ステーション』のスポーツキャスターに就任した際、ずっとロングヘアだったという髪を心機一転のためバッサリと20センチも切りショートボブにした。その後は再び髪を伸ばしロングヘアに戻っている。

2016年4月13日から2017年3月29日まで、バラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』に出演した。

2017年1月8日から6月25日まで、『いま世界は』(BS朝日)で、初めて報道キャスターを務めていた[10]

2017年6月26日、同月いっぱいの出演をもって、テレビ朝日を退社することを報告。あわせて修士取得を目指して、ジョージタウン外交大学院へ進学することを発表し[11]、同年8月より日本財団国際フェローシップ第7期フェローとして渡米。研究テーマは「国際社会のジェンダーイシューの考察および女性権利向上のための包括的広報戦略の立案」[12]

2020年2月から、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の渉外担当官を務めている[13][14]

出演・担当番組

3代目天気キャスター(2011年8月15日 - 2014年3月28日)
3代目スポーツキャスター(2014年3月31日 - 2016年3月31日)

脚注

  1. ^ 日刊スポーツ芸能面記事『気になリスト』(80) 2013年3月22日付参照
  2. ^ 元テレ朝・青山愛アナが『国連』職員になっていた! パラリンピック開催に従事の現在”. 週刊女性PRIME. 週刊女性PRIME (2021年3月29日). 2021年3月29日閲覧。
  3. ^ a b 報道ステーション : 2代目スポーツキャスターに宇賀なつみアナ お天気には新人・青山愛アナ”. 毎日新聞デジタル. 毎日新聞社 (2011年7月29日). 2011年7月30日閲覧。
  4. ^ 海外生活体験者・学生インタビューvol.6のインタビュアープロフィール参照 RTNプロジェクト
  5. ^ a b 海外生活体験者・学生インタビューvol.69のインタビュアープロフィール参照 RTNプロジェクト
  6. ^ 「挫折経験なし」「外国人好き」青山愛アナ発言が騒ぎに 「報ステ」で築いた好感度があれよあれよと...(J-CASTニュース 2016年4月25日)
  7. ^ a b 自己紹介 Q&A(テレビ朝日 アナウンサーズ 青山愛)
  8. ^ テレ朝「報ステ」スポーツ担当に宇賀アナ抜てき”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2011年7月30日). 2011年7月30日閲覧。
  9. ^ 打倒ももクロ!テレ朝女子アナがコスプレ”. 日刊スポーツ (2013年1月23日). 2013年1月23日閲覧。
  10. ^ “怒り新党の「庶務」テレ朝・青山アナ 報道キャスター初挑戦”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/26/kiji/20161225s00041000283000c.html 2016年12月26日閲覧。 
  11. ^ “テレ朝・青山アナ 米大学院進学を報告「挑戦しなければ、見えない景色がある」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年6月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/26/kiji/20170626s00041000159000c.html 2017年6月26日閲覧。 
  12. ^ 日本財団国際フェローシップ”. 日本財団. 2019年8月11日閲覧。
  13. ^ “元テレ朝・青山愛アナが『国連』職員になっていた! パラリンピック開催に従事の現在”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2021年3月29日). https://www.jprime.jp/articles/-/20471 2021年3月29日閲覧。 
  14. ^ 「差別を受けたり、脆弱な立場に置かれたりしている人たちに寄り添いたい」国連UNHCRで難民選手団をサポート、元テレビ朝日アナウンサー青山愛さん”. ABEMA TIMES (2021年7月1日). 2021年7月2日閲覧。

関連項目