青山成国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
青山成国
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正12年(1584年
死没 慶長18年7月9日1613年8月24日
別名 通称:権之助
氏族 大久保氏青山氏
父母 父:大久保長安、養父:青山成重
兄弟 大久保藤十郎、大久保外記、成国
大久保達十郎、大久保内膳、
大久保右京、大久保安寿、
服部正重室、三井吉正室
養兄弟:成次浅羽幸正室
テンプレートを表示

青山 成国(あおやま なりくに)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士大久保長安の子の中で唯一が判明している人物。

生涯[編集]

天正12年(1584年)、大久保長安の三男として誕生。

奉行衆青山成重の養子となった。しかし、慶長18年(1613年)に実父・長安が生前に金山の統轄権を隠れ蓑に不正蓄財をしていたことが発覚、小田原藩初代藩主・大久保忠隣の許に預けられ、同年7月9日、切腹した。享年30歳。