青山文平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
青山 文平
(あおやま ぶんぺい)
誕生 (1948-12-03) 1948年12月3日(72歳)
日本の旗 神奈川県横浜市
職業 小説家
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学政治経済学部経済学科
活動期間 1994年 -
代表作 『鬼はもとより』(2014年)
『つまをめとらば』(2015年)
主な受賞歴 中央公論新人賞(1992年)
松本清張賞(2011年)
大藪春彦賞(2014年)
直木三十五賞(2016年)
デビュー作 『俺たちの水晶宮』(1994年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

青山 文平(あおやま ぶんぺい、1948年12月3日[1] - )は、日本小説家神奈川県横浜市出身[2][1]早稲田大学政治経済学部経済学科卒業[2]

経歴[編集]

経済関係の出版社に18年勤務した後、1992年からライターとなる[2][1]

1992年、「俺たちの水晶宮」で第18回中央公論新人賞を受賞(影山雄作名義)[3]。その後、一旦創作活動を休止[1]

2011年青山文平名義の「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞しデビュー[4]

2014年、『鬼はもとより』で第152回直木三十五賞候補[5]。同作で第17回大藪春彦賞受賞。

2015年、『つまをめとらば』で第6回山田風太郎賞候補、第154回直木三十五賞受賞。

著書[編集]

  • 『俺たちの水晶宮』(中央公論社、1994年、影山雄作名義)ISBN 978-4-12-002346-0
  • 『白樫の樹の下で』(文藝春秋、2011年 / 文春文庫、2013年)ISBN 978-4-16-380720-1 / ISBN 978-4-16-783891-1
  • 『かけおちる』(文藝春秋、2012年 / 文春文庫、2015年)ISBN 978-4-16-381430-8 / ISBN 978-4-16-790334-3
  • 『流水浮木 最後の太刀』(新潮社、2013年)ISBN 978-4-10-334231-1
  • 『約定』(新潮社、2014年)ISBN 978-4-10-334232-8
  • 『鬼はもとより』(徳間書店、2014年 / 徳間文庫、2017年10月)ISBN 978-4-19-863850-4 / ISBN 978-4-19-894265-6
  • 『つまをめとらば』(文藝春秋、2015年7月 / 文春文庫、2018年)ISBN 978-4-16-390292-0 / ISBN 978-4-16-791080-8
  • 『伊賀の残光』(新潮文庫、2015年)ISBN 978-4-10-120091-0
  • 『半席』(新潮社、2016年5月 / 新潮文庫、2018年9月)ISBN 978-4-10-334233-5 / ISBN 978-4-10-120093-4
  • 『励み場』(角川春樹事務所、2016年8月 / ハルキ文庫、2018年5月)ISBN 978-4-7584-1292-6 / ISBN 978-4-7584-4188-9
  • 『遠縁の女』(文藝春秋、2017年4月 / 文春文庫、2020年8月)ISBN 978-4-16-390622-5 / ISBN 978-4-16-791487-5
  • 『春山入り』(新潮文庫、2017年4月 / 埼玉福祉会 大活字本シリーズ【上・下】、2020年5月)ISBN 978-4-10-120092-7 / ISBN 978-4-86596-349-6 / ISBN 978-4-86596-350-2
  • 『跳ぶ男』(文藝春秋、2019年1月)ISBN 978-4-16-390950-9
  • 『江戸染まぬ』(文藝春秋、2020年11月)ISBN 978-4-16-391287-5
  • 『泳ぐ者』(新潮社、2021年3月)ISBN 978-4-10-334234-2

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 直木賞は青山文平さん スポーツ報知 2016年1月19日
  2. ^ a b c 青山文平|新潮社
  3. ^ 青山文平という可能性……… 『白樫の樹の下で』から『かけおちる』へ 『かけおちる』 (青山文平 著)|新刊を読む|本の話WEB
  4. ^ 賞と顔 公募ガイド
  5. ^ 芥川賞・直木賞の候補決定…万城目さんは5回目 : 本よみうり堂 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)