青山純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青山 純
出生名 青山 純
生誕 (1957-03-10) 1957年3月10日
出身地 日本の旗 日本 東京都
死没 (2013-12-03) 2013年12月3日(56歳没)
ジャンル
職業
担当楽器 ドラムス
活動期間 1975年 - 2013年
共同作業者

青山 純(あおやま じゅん、1957年3月10日 - 2013年12月3日)は、東京都出身のドラマー

概要[編集]

スタジオミュージシャンとして様々なミュージシャンと共演し、ライブやツアーのサポートメンバーとしても精力的に活動した。特に1980年代から90年代、山下達郎のレコーディング、ライブ活動でのレギュラードラマーとしての活動が知られている。またロックポップスジャズなど、ジャンルを超えて幅広く活躍。主に独ソナー英語版社製のドラムを用いた。息子の青山英樹青山友樹(2018年に死去)もそれぞれプロドラマーとして活動している。

2014年1月19日26日に放送された『山下達郎のサンデー・ソングブック』での青山の追悼特集(下述)の中で、この10年来は健康を害していたため、山下の3時間以上に及ぶライブでの演奏は体力的に難しい状況にあり、メンバーチェンジに至った事が明かされている[1]

来歴[編集]

  • 高校時代 - 通っていたヤマハのドラムスクールで藤井章司と出会い、Char佐藤準新川博などと知り合う。
  • 1975年(昭和50年)頃 - 高校卒業後、兄の友人だった杉真理のバンド(杉真理&レッド・ストライプス)のレコーディングに参加し、プロとして活動を開始する。
  • 1977年(昭和52年)頃 - ベーシスト伊藤広規と知り合い、佐藤博のバックバンドとして活動開始。ハイ・ファイ・セット杉真理松任谷由実らのバックバンドを務める。
  • 1979年(昭和54年) - THE SQUAREに参加し、渡辺建仙波清彦と出会う。
  • 1979年(昭和54年) - 1983年(昭和58年) - プリズムに参加。
    • この時期より2003年(平成15年)まで継続して、山下達郎のレコーディング・ライブ活動などに参加。
  • 1984年(昭和59年) - 仙波清彦率いる「はにわちゃん」「オレカマ軍団」「はにわオールスターズ」などに参加。
  • 1987年(昭和62年) - キリング・タイムに加入。
  • 1990年(平成2年) - セッションバンドSons & Daughters(後のFUTURE DAYS)結成。
  • 1991年(平成3年) - 小川美潮のアルバム「ウレシイの素」共同プロデュース。
  • 2000年(平成12年) - この年より2013年(平成25年)までMISIAのライブを継続的にサポート。
  • 2002年(平成14年) - 山下達郎のバックバンドで結成されたネルソンスーパープロジェクト名義でアルバム「Nelson Magic」をリリース、山下達郎ツアー中にライブ。
  • 2006年(平成18年) - MAMBABOOに加入。
  • 2011年(平成23年) - 8月3日に株式会社アトス・インターナショナルからドラム教則DVD『青山純 一つ打ちの真髄』発売。
  • 2012年(平成24年) - 12月5日、盟友・伊藤広規とのユニット「A*I」によるセッション音源が2枚組CD『A*I』としてリリース[2]
  • 2013年(平成25年) - 12月3日、肺血栓塞栓症で死去[3][4]。56歳没。
  • 2014年(平成26年) - TOKYO FMの番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』で、1月19日[5] 、1月26日[6]の2回にわたり「極私的(きょくしてき)青山純 追悼特集」として、山下達郎から見たドラマー青山純の業績を偲ぶ特集が放送された。
  • 2014年(平成26年) - 1月30日、世田谷区北沢タウンホールで「青山純さんを送る会」が執り行われた[7]
  • 2014年(平成26年) - 4月19日に納骨。墓は家族の希望でソナーのドラムヘッドを模したデザインが採用され、ロゴマークも再現された。墓所の詳細は明らかにされていない[8][9]
  • 2014年(平成26年) - 12月20日、BSフジの番組『HIT SONG MAKERS 〜栄光のJ-POP伝説〜』で、「青山純追悼スペシャル」と題して2時間にわたり特集される[10]。息子の青山英樹、青山友樹をはじめ多くのミュージシャンが出演。青山の功績を、彼らのインタビューや演奏を通して振り返った[10]

主な活動[編集]

レコーディング参加[編集]

など。

ライブ参加[編集]

など。

主な参加ユニット[編集]

DVD[編集]

  • 教則DVD『青山純 一つ打ちの真髄』(2011年)
  • ライヴDVD『青山純Super Sessions feat.今剛×伊藤広規×KAZ南沢×エルトン永田×Mac清水 LIVE!』(2011年)

CD[編集]

  • 『JUN AOYAMA Super Sessions feat.KOHKI ITO,KAZ MINAMIZAWA,ELTON NAGATA,TSUYOSHI KON,MAC SHIMIZU LIVE!!』(2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 青山の存命中は、青山が他のアーティストのサポートに参加する都合で交代した旨の説明がライブのMCでされていた。
  2. ^ 伊藤のプライベートレーベル「ウルトラヴァイヴ」より。 ITOKOKI-3/4
  3. ^ aoyama_hidekiのツイート(408562438536036352)(2013年12月5日)
  4. ^ “名ドラマー・青山純さん 肺血栓塞栓症で死去 息子が正式発表”. Sponichi Annexインターネットアーカイブのキャッシュ). (2013年12月5日). https://web.archive.org/web/20131212055933/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/05/kiji/K20131205007142760.html 2014年1月18日閲覧。 
  5. ^ "1110回:極私的・青山純追悼 Part 1". 山下達郎のサンデー・ソングブック. JFN. 2013年1月19日放送.
  6. ^ "1111回:極私的・青山純追悼 Part 2". 山下達郎のサンデー・ソングブック. JFN. 2013年1月26日放送.
  7. ^ 青山純さんお別れの会”. 歌う♬放送作家 (2014年1月30日). 2014年8月31日閲覧。
  8. ^ 納骨しました!”. ♪主婦なMusician 佐々木久美のdiary♪ (2014年4月19日). 2014年8月31日閲覧。
  9. ^ koki.ito.923の投稿(694757940586885) - Facebook(2014年4月19日)
  10. ^ a b “唯一無二の演奏でヒット曲たたき出す「HIT SONG MAKERS 〜栄光のJ-POP伝説〜 青山純追悼スペシャル」”. ZAKZAK. (2014年12月16日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20141216/enn1412160830004-n1.htm 2015年4月8日閲覧。