青山雅幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
青山 雅幸
あおやま まさゆき
生年月日 (1962-03-02) 1962年3月2日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県静岡市駿河区
出身校 東北大学法学部
前職 弁護士
所属政党民進党→)
無所属→)
立憲民主党[注 1]→)
無所属日本維新の会無所属の会
公式サイト 青山まさゆき(雅幸)公式ウェブサイト

選挙区 比例東海ブロック静岡1区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[2] - 現職
テンプレートを表示

青山 雅幸(あおやま まさゆき、1962年昭和37年)3月2日 - )は、日本政治家弁護士衆議院の院内会派日本維新の会無所属の会」所属の衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

静岡県静岡市駿河区出身[3][4]静岡県立藤枝東高等学校東北大学法学部卒業。1994年に静岡市葵区にて弁護士開業。全国B型肝炎訴訟静岡県弁護団団長、カネボウ美白化粧品被害静岡県弁護団団長、浜岡原発廃炉訴訟弁護団事務局長などを務めた[5][3]

2016年8月、次期衆院選の静岡1区の公認候補者を巡って、元衆議院議員の牧野聖修民進党静岡1区総支部役員は青山を推した。一方、同党県連は浜岡原発への姿勢などを理由に青山に難色を示し、元メリルリンチ日本証券社員の福村隆[6]を推した。県連と対立した牧野は青山や第1区支部役員ら13名と共に離党した[7]。同年11月28日、離党した県議や市議らは、反原発を掲げる政治団体「国民サイド」の結成集会を開き、静岡1区の出馬予定者として青山を紹介した[8]

無所属で出馬する予定の青山であったが、2017年10月2日、立憲民主党に参加する意向を表明した[9]。希望の党は日本維新の会を離党した小池政就を擁立。10月4日、前述の福村は希望の党から公認を得るために静岡7区から出馬することを表明した[10]。10月22日に行われた第48回衆議院議員総選挙に静岡1区から立憲民主党公認で出馬。得票数は3番目であったが比例復活で初当選を果たした[11][2]

だが同年10月30日、青山の後援会事務所の元女性秘書が『週刊文春』にセクハラを告発したことに関連し、立憲民主党は、青山の無期限の党員資格停止処分と会派入りを認めない方針を決めた[12]。この影響で党静岡県連の設立が遅れていたが、2018年3月19日に設立され、日吉雄太が代表に就任した[13]。立憲民主党は当初、青山の処分にあたって週刊誌報道のみを根拠とし、正式な調査は行っていなかったが、2018年5月に静岡市議らが元秘書とは別の女性支援者へのセクハラがあったと主張し党に調査と青山への辞職勧告を求めたため、翌6月に聞き取り調査を行った[14]

2018年10月18日、青山は冤罪を晴らすと主張し、その法的処理に時間がかかるため党に迷惑をかけるとして、離党届を提出し受理された(同日に日吉も離党)。議員辞職は否定した[15][16]。 2018年12月21日、告発した秘書の友人が虚偽の告発を行ったとして、名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟を提起[17]。2019年9月19日、女性市議らにも名誉毀損に基づく損害賠償請求訴訟を提起[18]

2020年2月19日、日本維新の会の院内会派に入会。これに伴い、維新は会派名を「日本維新の会・無所属の会」に変更した[19]

主張[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年10月に無期限党員資格停止処分。[1]

出典[編集]

  1. ^ セクハラ報道の青山議員に無期限党員資格停止”. 毎日新聞 (2017年10月26日). 2017年11月14日閲覧。
  2. ^ a b 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  3. ^ a b プロフィール | 青山まさゆき(雅幸)公式ウェブサイト
  4. ^ 青山まさゆき後援会 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表) (PDF)”. 静岡県選挙管理委員会 (2018年11月21日). 2019年10月31日閲覧。
  5. ^ [1]
  6. ^ 国民民主党 静岡県第2区 福村隆 オフィシャルサイト
  7. ^ “民進県連 1区総支部問題 役員ら14人離党承認、解散には応じず /静岡”. 毎日新聞. (2016年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20160830/ddl/k22/010/302000c 2017年10月26日閲覧。 
  8. ^ “反原発キーワード 政治団体「国民サイド」結成集会”. 静岡新聞. (2016年11月29日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/305886.html 2017年10月25日閲覧。 
  9. ^ “1区出馬予定の青山氏 枝野新党へ”. 中日新聞. (2017年10月3日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20171003/CK2017100302000081.html 2017年10月25日閲覧。 
  10. ^ “福村氏 7区から出馬 希望の党 全8区に公認”. 中日新聞. (2017年10月5日). https://www.chunichi.co.jp/article/senkyo/shuin2017/siz/CK2017100502000247.html 2020年2月17日閲覧。 
  11. ^ 静岡-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  12. ^ “青山氏の党員資格停止 セクハラ問題で無期限 立憲民主処分決定”. 静岡新聞. (2017年10月31日). http://www.at-s.com/sp/news/article/politics/shizuoka/421832.html 2017年10月31日閲覧。 
  13. ^ “立憲民主が静岡県連設立 代表に日吉氏(衆院比例東海)”. 静岡新聞. (2018年3月20日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/469902.html 2018年10月17日閲覧。 
  14. ^ “青山議員のセクハラ調査 立民、疑惑訴えた市議らに”. 中日新聞. (2018年6月7日). https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018060702000098.html 2020年4月16日閲覧。 
  15. ^ “立民 日吉氏と青山氏が離党 日吉氏は自由党へ”. NHKニュース. (2018年10月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181018/k10011676691000.html 2018年10月18日閲覧。 
  16. ^ 立憲民主の青山雅幸氏が離党届 セクハラ疑惑で党員資格停止中 産経新聞 2018年10月18日
  17. ^ “セクハラ疑惑巡り青山衆院議員提訴”. 中日新聞. (2019年10月31日) 
  18. ^ “「名誉毀損された」女性市議2人提訴青山衆院議員”. 静岡新聞. (2019年10月30日) 
  19. ^ “青山氏が維新会派入り、衆院”. 日本経済新聞. (2020年2月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55820740Z10C20A2PP8000/ 2020年2月19日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 2017衆院選 候補者アンケート朝日・東大谷口研究室共同調査