青山 (新潟市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 新潟県 > 新潟市 > 西区 (新潟市) > 青山 (新潟市)
青山
イオン新潟青山ショッピングセンター
イオン新潟青山ショッピングセンター
青山の位置(新潟市内)
青山
青山
青山の位置
青山の位置(新潟県内)
青山
青山
青山の位置
北緯37度53分58.96秒 東経138度59分47.35秒 / 北緯37.8997111度 東経138.9964861度 / 37.8997111; 138.9964861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Niigata Prefecture.svg 新潟県
市町村 Flag of Niigata, Niigata.svg 新潟市
西区
人口
2018年(平成30年)1月31日現在)[1]
 • 合計 6,242人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
950-2002[2]
市外局番 025 (新潟MA)[3]
ナンバープレート 新潟
※大字の人口等に秘匿がある為、秘匿ない区域のみ人口等加算されています。

青山(あおやま)は、新潟県新潟市西区町字。現行行政地名は青山一丁目から青山八丁目と大字青山。住居表示は一丁目から八丁目が実施済み区域、大字が未実施区域[4]郵便番号は950-2002[2]

概要[編集]

信濃川の流末左岸の砂丘および低平地に位置し、青山村新田(青山新田村)を前身とする地域。かつては青山五兵衛狐の伝説ゆかりの地として信仰を集め、現在では大型ショッピングセンターと高層マンションが立ち並ぶ住宅街となっている[5]

隣接する町字[編集]

北から東回り順に、以下の町字と隣接する。

青山 (大字)
  • 関屋
  • 関屋掘割町
  • 浦山
  • 青山六丁目 - 七丁目
  • 西有明町
  • 真砂町
青山一丁目 - 三丁目

関屋分水を挟んで中央区有明台、関南町と隣接。

青山四丁目 - 八丁目
  • 青山 (大字)
  • 浦山
  • 青山新町
  • 小針上山
  • 松美台
  • 西有明町

地域[編集]

青山 (大字)[編集]

1889年(明治22年)から現在までの大字名[5]。住居表示が相次いで施行され、表示未施行の地域は海岸に面する北部のみとなった。

青山 (町丁)[編集]

(丁目なし)
一丁目 - 三丁目
青山の一部では1983年(昭和58年)に住居表示が施行され、町名が現在の青山一丁目から同三丁目までとなった[5]東日本旅客鉄道(JR東日本)青山駅から青山新町内陸方面に位置する。
四丁目 - 八丁目
青山の一部では、一丁目から三丁目までに先立って1982年(昭和57年)に施行された住居表示により、町名が現在の青山四丁目から八丁目までとなった[5]。青山駅から海岸方面に位置する。

歴史[編集]

1666年(寛文6年)から1669年(寛文9年)の間に、新潟浜村の枝郷として開発される。はじめは長岡藩領だったが、1862年(文久2年)には幕府領。1863年(文久3年)には会津藩領になり、1867年(慶応3年)からは再び幕府領となった[5]

分立した町字[編集]

青山新町(あおやましんまち)
1969年(昭和44年)の住居表示施行により付与された町名。区画整理によって形成された新興住宅地[5]
青山水道(あおやますいどう)
1983年(昭和58年)の住居表示施行により付与された町名。青山水道地内は全て新潟市水道局青山浄水場の敷地となっており、住居表示上の地番は全域が1番1号である[5]
  • 主な施設
    • 青山浄水場
    • 青山水道公園
東青山(ひがしあおやま)
1971年(昭和46年)の住居表示施行により付与された町名で、一丁目と二丁目から成る。もとは青山と平島の一部[6]
浦山(うらやま)
1976年(昭和51年)の住居表示施行により付与された町名で、一丁目から四丁目までから成る。もとは青山の一部で、町名の由来は旧字名の「青山字浦山」による[7]
西有明町(にしありあけちょう)
1977年(昭和52年)の住居表示施行により付与された町名。町名の由来は、有明町の西隣にあるため[8]
松美台(まつみだい)
1977年(昭和52年)の住居表示施行により付与された町名。町名の由来は、かつて松林だった海岸砂丘に位置しているため[9]

年表[編集]

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
青山一丁目 578世帯 1,197人
青山二丁目 622世帯 1,452人
青山三丁目 326世帯 699人
青山四丁目 264世帯 540人
青山五丁目 249世帯 557人
青山六丁目 318世帯 720人
青山七丁目 218世帯 524人
青山八丁目 223世帯 553人
2,798世帯 6,242人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
青山 170番地、227番地
260〜261番地
新潟市立東青山小学校 新潟市立小針中学校
青山一丁目 全域
青山二丁目 全域
青山三丁目 全域
青山四丁目 1~7番
8~10番 新潟市立小針小学校
青山五丁目 全域 新潟市立青山小学校 新潟市立関屋中学校
青山六丁目 全域
青山七丁目 1番
2番1~8号
2番9~41号
3~13番
新潟市立小針中学校
青山八丁目 3番11~25号
4~9番
1〜2番
3番1号・30号
3番32~46号
新潟市立関屋中学校
  • 青山5~8丁目の関屋中学校校区は、申請により新潟市立小針中学校へ就学できる地域。

交通[編集]

鉄道[編集]

新潟交通電車線(廃止)

道路[編集]

国道
県道
市道

バス[編集]

新潟交通路線バス

2016年10月現在の路線を示す。各路線の系統など詳細は「新潟交通のバス路線一覧#路線バス」、「運行便別時刻表(新潟交通)」を参照。

  • 青山二丁目停留所 - 青山本村停留所 - 青山稲荷前停留所 - 水道遊園前停留所
    • C2 浜浦町線
    • C3 信濃町線
  • 青山停留所 - 青山本村停留所 - 青山稲荷前停留所 - 水道遊園前停留所、青山一丁目停留所
    • BRT 萬代橋ライン
    • W3 寺尾線
    • W4 大堀線
    • 青山 青山循環線
  • 青山停留所、青山一丁目停留所、東青山停留所
    • W5 小新線
  • 青山停留所
    • W6 千歳大橋線
  • 青山停留所 - 東青山停留所
    • W7 大野・白根線
    • W8 味方線

脚注[編集]

注釈

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口 (全市・区役所・町名別) - 町名別住民基本台帳人口”. 新潟市 (2018年2月13日). 2018年3月5日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 町名一覧表”. 新潟市 (2017年7月20日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 角川地名15、p.67
  6. ^ 角川地名15、p.1105
  7. ^ 角川地名15、p.221
  8. ^ 角川地名15、p.1023
  9. ^ 角川地名15、p.1229
  10. ^ 新潟市合併1、p.181
  11. ^ 通学区域一覧(町名別五十音索引)”. 新潟市 (2017年4月1日). 2018年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 編纂委員会『角川日本地名大辞典 15 新潟県』(株)角川書店、1989年10月8日。ISBN 4-04-001150-3。
  • 『新潟市合併町村の歴史 第1巻 西蒲原郡から合併した町村の歴史』新潟市、1975年3月31日。

関連項目[編集]