青島黄海足球倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青島黄海足球倶楽部
原語表記 青岛黄海足球俱乐部
愛称 海牛
クラブカラー
創設年 2013年
所属リーグ 中国甲級
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 山東省青島市
ホームスタジアム 青島市弘誠体育場
収容人数 14,000
代表者 中華人民共和国の旗 戚務生
監督 スペインの旗 フアン・マヌエル・リージョ
ホームカラー
アウェイカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
青島黄海足球倶楽部
各種表記
繁体字 青島黃海足球俱樂部
簡体字 青岛黄海足球俱乐部
拼音 Qīngdǎo Huánghǎi Zúqiú Jùlèbù
発音: チンタオ ホワンハイ ツーチウ チュイロープー
英文 Qingdao Huanghai Football Club
テンプレートを表示

青島黄海足球倶楽部(チンタオこうかいそっきゅうくらぶ、英語: Qingdao Huanghai Football Club中国語: 青岛黄海足球俱乐部)は山東省青島市を本拠地とするプロサッカークラブである。2017年時点において、中国サッカー・甲級リーグ(2部リーグに相当)に所属している。

歴史[編集]

中国代表選手で山東省出身の戚務生英語版代表、郝海東ディレクター、宿茂臻英語版監督の体制化の下で2013年1月29日に青島海牛足球倶楽部が設立された[1]。クラブ名の海牛は青島市のプロサッカークラブである青島中能でも1994年から2004年までの間使用されていた名称であり、青島市のサッカーの黄金時代を象徴する名前となっている。

2013年11月3日、中国サッカー・乙級リーグの昇格プレーオフで河北中基を破って優勝し、中国サッカー・甲級リーグへの昇格を果たした[2]

2015年12月30日、地元青島を本拠とする黄海製薬が株式67.03%を取得して傘下に収めるとともに、2016年1月13日付でクラブ名を青島海牛足球倶楽部から青島黄海足球倶楽部に改称することが発表された[3]

2019年7月3日にバルセロナマンチェスター・シティでプレーした元コートジボワール代表ヤヤ・トゥーレが加入[4]。さらに8月18日には4月までヴィッセル神戸を指揮していたフアン・マヌエル・リージョが監督に就任[5]。10月26日の上海申鑫戦に勝利してスーパーリーグへの昇格を決めた[6]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン 中国FAカップ
リーグ 順位
2013 乙級リーグ 1位 19 14 5 0 36 5 +31 36 -
2014 甲級リーグ 12位 30 7 10 13 36 47 −11 31 準決勝敗退
2015 甲級リーグ 11位 30 7 12 11 26 39 −13 33 2回戦敗退
2016 甲級リーグ 3位 30 19 2 9 52 42 +10 59 2回戦敗退
2017 甲級リーグ 4位 30 16 4 10 56 40 +16 52 3回戦敗退
2018 甲級リーグ 4位 30 13 10 7 63 44 +19 49 3回戦敗退
2019 甲級リーグ 1位 30

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]