青嶋達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あおしま たつや
青嶋 達也
Tatsuya Aoshima
プロフィール
愛称 アオシマバクシンオー
マルカトーレ青嶋
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
生年月日 (1965-08-12) 1965年8月12日(54歳)
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学第一文学部
勤務局 フジテレビジョン
部署 編成局アナウンス室副部長
活動期間 1988年
ジャンル 全般
配偶者 小長谷悠紀
出演番組・活動
出演中みんなのKEIBA
出演経歴UEFAチャンピオンズリーグ
セリエAダイジェスト
FNN NEWSCOM
THE WEEK
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

青嶋 達也(あおしま たつや、1965年8月12日[1] - )は、フジテレビ男性アナウンサー編成局アナウンス室スポーツ統括担当部長[2]

来歴[編集]

静岡県浜松市生まれ。静岡県立浜松北高等学校早稲田大学第一文学部卒業後の1988年フジテレビ入社。

スポーツ中継で最初に担当した競馬では異常に早口で滑らかな実況を武器とし、アナウンサー仲間から「1000m~1200mの短距離レースで出走馬全頭の名前を2回も言えるのは青嶋だけ」とも評される[3]。故に競馬ファンからは「アオシマバクシンオー(名短距離馬サクラバクシンオーをもじって)」と呼ばれている。『酔いどれない競馬』など一部の競馬番組では「Aアナ(えーあな)」の呼称が定着している。

1994年に始まったサッカー番組『セリエAダイジェスト』では「マルカトーレ青嶋」の二つ名での、独特のアドリブを交えたハイテンションなナレーションが話題となり[3]、後の『サッカー小僧』でもこの呼び名が定着している。

その他1990年代には前述の競馬中継や「セリエAダイジェスト」をはじめ、スポーツ実況からバラエティー番組のナレーションなど幅広いジャンルの番組を担当。平日夜の報道番組『FNN NEWSCOM』ではサブキャスターを務め、1996年10月から1年半は土曜日の情報番組『THE WEEK』のメインキャスター(4代目)も担当した。

2000年代以降は、主にサッカー競馬番組を担当しているほか、ニュースや各種番組ナレーション(『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』など)、一部バラエティー番組のスペシャル放送を担当。2006年W杯ドイツ大会では決勝の実況を務める(地上波民放テレビ局では東京12チャンネル時代の金子勝彦に次いで2人目)。2011年女子W杯ドイツ大会でも決勝の実況を務め、日本(なでしこJAPAN)の初優勝を伝えた。UEFAチャンピオンズリーグJリーグカップでも決勝戦の実況を担当している。

自転車のロードレースとの関わりも深く、フジテレビがツール・ド・フランスの放映権を獲得した1992年から2004年まで、ツール・ド・フランスの実況を担当していた。そのため、当時は毎年7月になると『J SPORTS』(かつてはフジテレビも出資していた)の生中継に出ずっぱり状態になるのが通例だった。その後も2006年・2007年ジャパンカップサイクルロードレースで場内実況やレース後のインタビューを担当するなど、自転車競技との関係は続いている。

また、1996年にフジテレビ系列で放送されたアニメ『みどりのマキバオー』のオープニングテーマ『走れマキバオー』を担当。同僚の三宅正治福井謙二両アナとの音楽ユニットF・MAP」として参加し、青嶋は間奏でのコント・イントロ&間奏でのレース実況音声を担当した。

2003年に放送された『実況格闘』(出場アナウンサーが課題VTRに対しアドリブで実況を行いその優劣を競う特番)では志生野温夫神田康秋煙山光紀らといった他のアナウンサーを下して優勝しているほか、『FNSアナウンス大賞』では2002年・2007年にスポーツ部門の部門賞を受賞するなど過去に多くの受賞歴がある。

挿話[編集]

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

競馬GI実況歴[編集]

日本
海外

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、10頁。ISBN 978-4-8169-1852-0。
  2. ^ 飯尾篤史 (2020年7月20日). “中田vs.名波の大雨、ドイツW杯決勝。セリエAダイジェストの神髄とドラマ。”. Number Web. p. 4. 2020年7月25日閲覧。
  3. ^ a b 飯尾篤史 (2020年7月20日). “カズにデル・ピエロ、叫ぶ青嶋アナ。セリエAダイジェスト伝説と遊び心。”. Number Web. pp. 3-4. 2020年7月25日閲覧。
  4. ^ フジ・中村光宏アナ、『全日本フィギュア選手権』実況に抜てき - オリコンスタイル、2014年12月25日閲覧
  5. ^ その後、『みんなのニュース ワンダー』最終回(2017年3月24日放送)までキャスターを務めた後、同年4月2日放送の『KEIBA BEAT』から実況復帰となった。
  6. ^ この時は本来の日本ダービーの実況を担当していた三宅がK-1グランプリ中継でフランスパリに行っていたため、代打での実況担当だった。なお、この時の勝ち馬はタニノギムレットで、鞍上は武豊
  7. ^ この年の日本ダービーはキズナが勝利を収めており、この時の鞍上も武豊が務めた。
  8. ^ これは青嶋自身がUEFAチャンピオンズリーグ 2017-18 決勝レアル・マドリードリヴァプール戦(ウクライナキエフオリンピスキ・スタジアムにて開催)の実況を担当するため(安田記念(2018年6月3日)では2011年以来7年ぶりに実況を担当した。この時の勝ち馬はモズアスコット)。ちなみにこの年のダービー馬はワグネリアンで、鞍上の福永祐一は19回目の挑戦で初めてのダービー制覇を成し遂げた。
  9. ^ 同年の宝塚記念を制覇しており、牝馬として初めての「春秋グランプリ制覇」を達成。
  10. ^ 引退レースとなった有馬記念で牝馬の優勝を伝えたのはリスグラシューが初めて。このレースでは日本放送協会(NHK)に入局した早稲田大学の後輩である高木修平も実況を担当した。
  11. ^ この年、皐月賞と菊花賞を制し、牡馬クラシック二冠を達成(日本ダービーはディープブリランテが制覇)。
  12. ^ 競馬BEAT【『安田記念(GI)』現役最強馬がなんとマイル王決定戦に参戦!】ヤフーテレビ、2018年6月1日閲覧

関連項目[編集]