青年 (1962年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青年
Hemingway's Adventures of a Young Man
監督 マーティン・リット
脚本 A・E・ホッチナー
原作 アーネスト・ヘミングウェイ
ニック・アダムス物語
製作 ジェリー・ウォルド
出演者 リチャード・ベイマー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 リー・ガームス
編集 ヒュー・S・ファウラー
製作会社 ジェリー・ウォルド・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年7月18日シカゴ
アメリカ合衆国の旗 1962年7月25日ニューヨーク
日本の旗 1962年9月22日
上映時間 145分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $4,100,000[1]
テンプレートを表示

青年』(せいねん、Hemingway's Adventures of a Young Man)は1962年アメリカ合衆国のドラマ映画。 文豪アーネスト・ヘミングウェイの短編シリーズ『ニック・アダムス物語』から10本を再構成した作品である[2]

ストーリー[編集]

ミシガン州の田舎町で両親と暮らす19歳の青年ニック・アダムスは、いつまでも自分を子供扱いして縛り付けようとする威圧的な母親やそんな母親に全く逆らえない父親、そして田舎町での生活の全てに嫌気がさし、かねてから夢見ていたニューヨークで新聞記者になることを目指して家出する。旅の途中で様々な人々と出会い、様々な経験をしたニックは、ニューヨークで新聞記者の職を探すが経験のない彼は門前払いされる。その後、第一次世界大戦中のイタリアに、赤十字の仕事を支援する志願兵として赴くこととなる。戦争について深く考えずに志願したニックだったが、戦場の悲惨さを目の当たりにして、戦争とは何かについて深く考えるようになる。そんな中、ニックは戦場で大怪我を負い、病院に入院すると、そこで出会った看護師ロザンナと恋に落ちる。ところがニックが彼女に結婚を申し込もうとした矢先、病院が爆撃され、ロザンナはニックの腕の中で亡くなる。帰国したニックを地元の人々は英雄として大歓迎する。しかし、その場に父親の姿がないことに疑問を抱いたニックは母親から父親が自殺したことを既に手紙で伝えてあったはずと言われる。手紙はニックのもとに届いておらず、ショックを受けたニックは歓迎レセプションの場から立ち去り、家で父親が自殺したときの様子を母親から聞く。その後、しばらくは実家でぶらぶらしていたニックだったが、仕事を世話してやるという母親に遂に決別を宣言し、改めてニューヨークでこれまで見聞きして来たことを文章に書くと告げると、生まれ育った故郷を後にする。

キャスト[編集]

主人公
ミシガン州サイデス
ニューヨークへの旅路
  • ビリー・キャンベル - ダン・デイリー: バーレスクの旅巡業一座の広告宣伝係。アル中
  • ターナー - フレッド・クラーク: 興行師。キャンベルの雇い主で相棒。
ニューヨーク
  • 伯爵夫人 - コリンヌ・カルヴェ: イタリアに派遣する志願兵を募集。
イタリア
その他

参考文献[編集]

  1. ^ Solomon, Aubrey (1989) (英語). Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 253. ISBN 978-0-8108-4244-1. 
  2. ^ 青年”. WOWOW. 2013年5月24日閲覧。