青戸慎司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青戸 慎司 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Shinji Aoto
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
大学 中京大学
早稲田大学大学院
生年月日 (1967-05-07) 1967年5月7日(51歳)
出身地 和歌山県和歌山市
身長 178cm
体重 69kg
成績
オリンピック 100m 2次予選4組7着 (1992年)
4x100mR 6位 (1992年)
自己ベスト
100m 10秒28 (1988年, 1989年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

青戸 慎司(あおと しんじ、1967年5月7日 - )は、和歌山県和歌山市出身の陸上競技(短距離)・ボブスレー選手、スポーツ指導者。スポーツコメンテーター、中京大学陸上競技部監督兼短距離コーチを務める。男子100メートル競走の元日本記録保持者である。日本人男子唯一、夏冬両オリンピック出場。両オリンピックに出場した日本人は4人、世界では、25人にしかいない。2012年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程で修士(スポーツ科学)を修了。 大学院では平田竹男教授(内閣官房参与、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局長)の指導を受ける。平田研究室 同期生には三浦俊也瀧本誠大橋未歩などがいる。修士論文の題目は「小学校授業におけるかけっこ指導法の改善に関する研究」。公益財団法人日本オリンピック委員会強化スタッフ、公益財団法人日本陸上競技連盟 強化委員会女子短距離部委員、強化育成部(U23)委員。妻はメ~テレアナウンサーの大川敦子である。

来歴[編集]

松江小学校6年で50mを7秒2で走り、市の100mレースに初出場。記録は14秒0で7位だった。河西中学校進学後本格的に陸上を始めるが、当初は走高跳の選手で、中2で100mに転向。

和歌山工業高校で高校1年生ながら、日本選手権100m決勝に残る。結果は8位。しかし、国体に3年連続出場し好成績を挙げる。群馬国体少年Bの100mで優勝。記録は追い風参考ながら10秒57で走った。

中京大学進学後も全日本ジュニア選抜で優勝。2大会連続でユニバーシアードにも出場。

1988年、100m10秒28の日本新記録を樹立し、日本人初の10秒3の壁を破る。1988年ソウルオリンピックにも4×100mリレーで出場した。

卒業後は大学職員として競技を続け、1992年バルセロナオリンピックの100mと4×100mリレーで出場。リレーでは第1走者を務め、60年ぶり入賞(6位)及びアジア新記録(38秒77)に貢献。

1993年、第一線から一度退き指導者となる。1995年JOCの派遣により1年間アメリカ・コロラド州にコーチ留学。

帰国後の1997年現役復帰も、休職しボブスレー選抜合宿に参加。

1998年長野オリンピックにボブスレー4人乗りで出場。日本人男子として初の夏冬五輪出場を果たした(日本人としては橋本聖子関ナツエについで3人目)。

2001年に再びボブスレーに挑戦するが断念。

2005年フィギュアスケート浅田真央のトレーニングコーチに就任。

2006年から文部科学省の派遣事業「オリンピック選手ふれあい事業」に参加。全国の小学校を訪問指導。

2007年、フィギュアスケート・浅田舞のトレーニングコーチに就任。

2008年、中京大学陸上競技部短距離の専任コーチに就任。

2012年 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程で修士(スポーツ科学)を修了。

2014年 中京大学陸上競技部監督就任

2016年 中京大学スポーツ科学部非常勤講師

エピソード[編集]

  • リレーで第一走者を努めることが多い理由のひとつが「海外でもプレッシャーに動じない気の強さ」だという。

自己記録[編集]

  • 100m 10秒28(1988年, 1989年)

主要大会成績[編集]

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
1987 第14回ユニバーシアード (en ユーゴスラビアの旗 ザグレブ 4x100mR 3位 39秒57 (1走)
1988 第24回オリンピック 大韓民国の旗 ソウル 4x100mR 準決勝 38秒90 (1走) 当時日本記録
1989 第2回世界室内選手権 ハンガリーの旗 ブダペスト 60m 予選 6秒76
第15回ユニバーシアード (en ドイツの旗 デュースブルク 100m 準決勝 10秒71 (-1.0)
4x100mR 予選 DQ (1走)
1990 第11回アジア大会 (en 中華人民共和国の旗 北京 100m 準決勝
1992 第25回オリンピック スペインの旗 バルセロナ 100m 2次予選 10秒53 (0.0)
4x100mR 6位 38秒77 (1走) 当時アジア記録
1993 第4回世界室内選手権 カナダの旗 トロント 60m 予選 6秒87
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[1]

日本選手権[編集]

  • 1988年までは6位以内、1989年以降は8位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録 備考
1986 第70回日本選手権 100m 5位 10秒86 (-0.9)
1987 第71回日本選手権 4x100mR 優勝 40秒08 (1走) 当時大会記録
1988 第72回日本選手権 100m 2位 10秒60(-1.0)
1989 第73回日本選手権 100m 優勝 10秒28 (+1.6) 当時日本タイ記録
1990 第74回日本選手権 100m 2位 10秒50(0.0)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  2. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
先代:
不破弘樹
男子100m日本記録保持者
1988/9/11-1990/10/22
次代:
宮田英明