青戸辰午

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青戸 辰午(あおと たつご[1]明治30年(1897年6月30日 - 昭和47年(1972年5月)は、日本弁護士政治家。旧名は貞吉[2]

経歴[編集]

鳥取県日野郡日南町出身[2]。甚太郎の長男[3]

米子中学[4]松江中学[2]を経て、

大正7年(1918年早大中退[5]昭和3年(1928年朝鮮に於いて弁護士開業[5]。昭和6年(1931年鳥取県米子市に移住して引き続き開業[5]

戦前市会議員を一期つとめ戦後鳥取県地方労働委員会委員、人権擁護委員米子市選挙管理委員会委員、鳥取県人事委員会委員などに選任され功績により昭和37年(1962年藍綬褒章を授与された[6]

昭和47年(1972年)5月、74歳で亡くなった[6]

人物像[編集]

趣味は読書[5]宗教禅宗[5]曹洞宗[3]、住所は米子市加茂町[5]

織田収とは終生大の仲良しだった[6]

家族[編集]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ア…59頁
  • 『勝田ヶ丘の人物誌』(編集・勝田ヶ丘の人物誌編集委員会、発行・鳥取県立米子東高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000年 300-303頁

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年には「辰午(しんご)」とある
  2. ^ a b c 『勝田ヶ丘の人物誌』300頁
  3. ^ a b c 猪野三郎監修『第十二版 大衆人事録』(昭和12年)鳥取・一頁
  4. ^ 『勝田ヶ丘の人物誌』301頁
  5. ^ a b c d e f 『新日本人物大観』(鳥取県版)1957年 ア…59頁
  6. ^ a b c 『勝田ヶ丘の人物誌』303頁