青春という

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青春という (はるという) は旧制府立高等学校 (後の旧制都立高等学校、現 東京都立桜修館中等教育学校首都大学東京) の学生歌の一つ (広義の寮歌)。「青春という」 とは歌い出しの文言である。

基本データ[編集]

作詞者 山下肇は後に東京大学文学部独文科を卒業、独文学者として知られる。
作曲者 永田丕は後に東京大学医学部を卒業、音楽療法で知られる。
編曲者 有馬礼子により後に編曲が作成されている。

JASRACの管理楽曲ではないが、著作権は存続している。

概要[編集]

旧制府立高等学校には昭和18年(1943年) までが無かったため、寮の記念祭の代わりに、学校全体としての記念祭が毎年10月に祝われていた[1]。昭和13年(1938年) の第9回記念祭からは年ごとに記念祭歌が選定されるようになった[2]。『青春という』 はその年に、記念祭歌とは別個に作られた学生歌である (昭和13年度の記念祭歌は、『見よやローマの壮大も』)。

作詞者の山下は、翌年の記念祭歌 『爽昧 (そうまい) かな爽昧かな』 の作詞も手がけている。『青春という』 では 1番の冒頭のみ 「青春という青春という」 と繰り返すが、『爽昧かな』 の方は 1番から 6番の冒頭の句がすべて繰り返しである。

長調の明るく軽快な曲であり、旧制都立高等学校を継承した新制東京都立大学、首都大学東京でも応援歌として歌われている。ただし、最後の 「我等が府立 若人府立」 の部分は、「我等が首都大 若人首都大」 と変えて歌われる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 府立高等学校第12回卒業生編 『府立高等学校卒業五十周年記念誌』(1993年、国立国会図書館所蔵) 27頁・30頁に掲載の 1940年-1941年当時の記念祭パンフレットによれば、10月30日から 11月初頭にかけて開催されている。
  2. ^ 日本寮歌振興会編 『日本寮歌祭四十年史』(2000年) 171頁-172頁。

書籍[編集]

  • 府立高等学校同窓会編 『府立高等学校歌集 : 増補改訂版』 1992年。
  • 旧制高等学校資料保存会編 『日本寮歌大全』・別巻「旧制高等学校寮歌集」 国書刊行会、1996年、ISBN 4336037892。