青春アドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
青春アドベンチャー
ジャンル ラジオドラマ
放送方式 録音
放送期間 1992年4月6日 -
放送時間 毎週月曜 - 金曜 21:15 - 21:30
放送局 NHK-FM
制作 NHK
特記事項:
祝日などの特別編成でレギュラー番組が休止となる場合でも当番組が休止となることは少ない
テンプレートを表示

青春アドベンチャー』(せいしゅんアドベンチャー)は、ラジオドラマ(オーディオドラマ)作品を放送するNHK-FM放送ラジオ番組である。

放送[編集]

番組は1992年4月6日に開始された。現在の放送時間は、毎週月曜日 - 金曜日の21:15 - 21:30(15分)。かつては、22:45 - 23:00に本放送が行われていた他、翌週月曜日 - 金曜日の17:45 - 18:00に再放送枠が設定されていたものの、2006年4月7日をもってこの放送時間枠は終了した[1]

この1週分を単位とした「全5回」、2週連続「全10回」、3週連続「全15回」のシリーズ構成が基本となり稀に4週以上に及ぶ大型企画もあるが、逆に15分一回完結作品のオムニバス構成も少なくない。 また、期間を空けて続編が放送されシリーズ化する場合もあり、完結まで10年近くを要した「おいしいコーヒーのいれ方」のような例もある。 2004年・2005年・2008年は年間の新作が10作品を割るなど、本放送枠の半分以上を再放送が占める時代もあったが、2011年以降は新作が増加しこの状況は解消している。

なお、NHK-FMの他番組では祝日などに特別番組 (今日は一日○○三昧など) が編成され通常番組が休止となることが多いものの、「青春アドベンチャー」だけは通常通り放送されることが多い[2]。しかし近年はゴールデンウィーク夏休みの時期に大型企画編成の都合で休止する事がある。加えて年末年始は12月最終週に特別番組「バイロイト音楽祭」の放送のため休止となるほか、12月31日1月1日を含む週も[3] 休止となる。

1993年から2009年にかけては年末に、藤井青銅の一年をふりかえる作品「年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズ」を1週・全5回で放送するのが恒例であった。また、2002年から2011年にかけては年始に、その年の大河ドラマとタイアップした「タイムスリップシリーズ[4] を放送することも恒例であった。

前身番組[編集]

この15分間×平日5日間を基本単位とするフォーマットは前身番組の『アドベンチャーロード』(1985年4月1日から1990年3月23日まで)[5]『サウンド夢工房』(1990年4月2日から1992年3月27日まで)[6] から変わっていない[7][8]。系譜としては更に、ラジオ第一で放送されていた『連続ラジオ小説』(1978年11月20日から1984年3月16日まで)[9] と『ラジオSFコーナー』(1979年4月2日から1983年9月28日まで)[10]、10分間番組であった『FMアドベンチャー』(1984年4月2日から1985年3月29日まで)[11][12] まで遡ることができ、その歴史は35年以上に及んでいる。

誤解・混同されやすいが、女性向けのラジオドラマ『ふたりの部屋』(1978年11月20日から1985年3月29日まで)[13] およびその後継番組『カフェテラスのふたり』(1985年4月1日から1988年3月18日まで)[14] は、本稿番組の時間帯 (『カフェテラスのふたり』は22:50からの10分間) において、『FMアドベンチャー』および『アドベンチャーロード』 (共に21時台の放送) とは全く別個に制作されていた番組である。つまり1980年代中盤、平日夜のNHK-FMは2本立てでオーディオドラマが放送されていた

なお、前身番組で制作され青春アドベンチャーで再放送された作品もある[15]

作品の傾向[編集]

同局のラジオドラマ番組の『FMシアター』や『深夜便小劇場』『新日曜名作座』と比較すると、当番組は若年層リスナーを対象としたエンターテインメント性の強い作品傾向にある (原作にライトノベルや少年少女向け文学作品を多数起用している) が、稀に文芸大作をとり扱い、配役に豪華俳優声優陣を揃えることがある。(江戸川乱歩黒蜥蜴』など)

放送初期は、小説 (とりわけ、「ハヤカワ文庫」「ソノラマ文庫」「創元推理文庫」などのSF文庫作品) を原作とした冒険ミステリー作品が中心であった。バイノーラル録音で制作され、「ダミーヘッドアドベンチャー」と呼んで放送された作品も多い。宝塚歌劇団出身者の出演が多いことも特徴のひとつであった。青春アドベンチャーとしての初作品は、谷村志穂原作、東京書籍初版(のちに講談社文庫所収)『十四歳のエンゲージ』[16](全10回) である。

本屋大賞の入賞作、または投票獲得上位作家の作品を取り上げる事も多い。結果として、同賞をめぐるメディアミックス展開の一翼を担っている。なお、この様な、ある賞の「ノミネート作家に白羽の矢を立てる」「メディアミックスの一翼」という開拓手法は、放送開始当初 (および前身番組時代) からのものであり、他には日本ファンタジーノベル大賞 (特に顕著)、日本SF大賞星雲賞このミステリーがすごい!などが挙げられる。

その結果、原作採用した小説等が、追随して映画化・テレビドラマ化・アニメ化される、即ち本番組がメディアミックスで最先行したケースが少なからず発生しており(後述)、上記の開拓手法が一定の成果を挙げている事を示している。

一方で前身番組と比較して原作が存在しないオリジナル脚本の作品も多いことも特徴である。オリジナル脚本作品の割合は年により異なるが、2020年のように新作の半数がオリジナル脚本作品の年もある。

CD化された作品[編集]

青春アドベンチャーに関しては、一部だが、CD化されている。

作品一覧[編集]

再放送を除く。太字は、本番組での制作・放送がメディアミックスにおいて最先行したとみられる作品である。

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

2020年代[編集]

主な出演者[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

2020年代[編集]

その他の出演者[編集]

年代別一覧に記載のある出演者を除く。全てを網羅しているわけではなく、あくまでも一部。作品名についても同様。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 青春アドベンチャー公式サイト・2006年
  2. ^ 地震速報のため1日放送を休止したが、2週目の金曜日に2本まとめて放送することで対応したことがある(1993年7月に放送された『ふたり』)
  3. ^ 年によっては1月1日を含む週の翌週も
  4. ^ タイムスリップシリーズのうち『タイムスリップ明治維新』は原作(鯨統一郎)があるがその他はオリジナルである。
  5. ^ 「NHK年鑑 90」 235P
  6. ^ 「NHK年鑑 93」 308P
  7. ^ 過去に例外はごく稀ながらあった。例えばアドベンチャーロード時代の1988年に制作された、萩尾望都原作『マージナル』は30分間×全5回のフォーマットであった。この作品はカセットテープにより商品化された事もある。(2009年現在は絶版。)
  8. ^ 特別編成などの影響で休止になる場合、「全4回」「全9回」などの半端な回数になることもある。このケースは大抵、オムニバス作品の一部を再放送、という形態になる。
  9. ^ 「NHK年鑑 84」 172P
  10. ^ 「NHK年鑑 84」 145P
  11. ^ 「NHK年鑑 85」 193P
  12. ^ FMアドベンチャーの放送作品一覧”. seisyunadvroad.blog.fc2.com. 青春アドベンチャー雑記帳〜オーディオドラマ・ラジオドラマの世界. 2020年1月18日閲覧。
  13. ^ 「NHK年鑑 85」 196P
  14. ^ 「NHK年鑑 88」 201P
  15. ^ 『サラマンダー殲滅』(1992年再放送)、『わたしは真悟』(1992年・1993年再放送)、『谷山浩子の悲しみの時計少女」(1993年・2001年・2007年再放送)、『空色勾玉」(2009年再放送)など。
  16. ^ 東京書籍初版、ISBN 978-4-48-775380-2。講談社文庫版、ISBN 978-4-06-185928-9。
  17. ^ a b 青春アドベンチャーではなくダミーヘッドドラマスペシャルとして1回30分・全5回で放送された。
  18. ^ 特集オーディオドラマで放送された作品の再構成作品
  19. ^ 第5回以降は震災関連番組のため放送休止され、8月22日より改めて全10回が放送された。