青春グラフィティ スニーカーぶる〜す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
青春グラフィティ
スニーカーぶる~す
Sneaker Blues
監督 河崎義祐
脚本 田波靖男
安斉あゆ子
製作 田中壽一
小倉斉
出演者 近藤真彦
野村義男
田原俊彦
音楽 槌田靖識
主題歌 近藤真彦スニーカーぶる〜す
撮影 逢沢譲
編集 黒岩義民
配給 東宝
公開 日本の旗 1981年2月11日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 11億円[1]
テンプレートを表示

青春グラフィティ スニーカーぶる~す』(せいしゅんグラフィティ スニーカーぶる~す)は、1981年に公開された、東宝株式会社東宝映画)の製作の映画である。監督は河崎義祐。近藤真彦デビュー記念作品でたのきんスーパーヒットシリーズ第1弾。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌:近藤真彦「スニーカーぶる~す」
発売元:RCAレコード
  • 挿入歌:川崎麻世「恋の一方通行」
発売元:CBS/SONY

同時上映[編集]

帰ってきた若大将

封切り[編集]

封切日となった1981年2月11日東京都千代田区有楽町にあった日本劇場の最終興行『サヨナラ日劇フェスティバル』にたのきんトリオが出演(ジャPAニーズジャニーズJr.も出演した[要出典])。本作品が特別上映された。日劇を何重にも取り巻いた大群衆は、終戦直後の李香蘭ショー、ウェスタン・カーニバルと並ぶ、日劇三大大騒ぎの一つに数えられる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)400頁
  2. ^ 竹入栄二郎「アイドル映画 データ分析」、『キネマ旬報1983年昭和58年)8月下旬号、キネマ旬報社1983年、 39頁。