青春ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青春ブルース
斉藤和義スタジオ・アルバム
リリース
録音 IRc2 STUDIOS
CRESCENTE STUDIO
一口坂スタジオ
STUDIO HURRICANE
ジャンル ロックンロール
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 斉藤和義
チャート最高順位
斉藤和義 年表
NOWHERE LAND
2003年
青春ブルース
2004年
弾き語り 十二月 in武道館 〜青春ブルース完結編〜
2005年
『青春ブルース』収録のシングル
  1. 「ぼくらのルール」
    リリース: 2004年3月24日
テンプレートを表示

青春ブルース』(せいしゅんブルース)は、斉藤和義通算10枚目のスタジオ・アルバム。2004年4月21日発売。発売元はSPEEDSTAR RECORDS[2]規格品番:VICL-61336(DVD付初回盤はVIZL-113)。2008年9月17日にSHM-CDにて限定発売された。規格品番:VICL-63031。

解説[編集]

栃木県宇都宮方面限定で2004年8月7日に発売された浜崎貴司とのデュエット・ソング「オリオン通り」を含むオリジナル・アルバム。尚、宇都宮市には“オリオン通り”という名称のアーケード商店街が実在する。

初回生産盤のみ、歌唱映像が収録された「青春ブルース 弾き語りDVD」付で発売。「青春」編と「ブルース」編に分かれている。スタジオ・アルバムでは、"初回限定盤" としてDVDが一緒にパッケージングされた初めての作品となった。

先行シングル「ぼくらのルール」(2004/3/24発売)とそのカップリング曲はぐれ雲」が収録された。「古いラジカセ」は、次シングル「真夜中のプール」(2004/8/25発売)のカップリングに別ヴァージョン(クロマチックハーモニカ Ver.)が収められている[3]

カヴァー・ソング悲しき街角」は、アメリカ・ミシガン州出身のデル・シャノンが「RUNAWAY」のタイトルで発売したデビュー・シングル。原曲でなく、漣健児の日本語詞で歌われている。当カヴァーは、のちに『漣健児トリビュート・アルバム Together and Forever』(2004/12/8発売、MTCH-1118)に収録された。

歌詞ブックレットは、全ページがモノクローム調になっている。

2008年9月17日に、特殊なCDプレーヤーでなくても高音質再生が可能とされるスーパー・ハイ・マテリアルCDで発売された。初回生産限定のデジパック仕様で、同日発売のCD-BOX『斉藤和義15周年アニバーサリーBOX』(VIZL-302)にも収められている。尚、DVDは未封入。

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. ぼくらのルール
  2. 古いラジカセ
  3. アメリカ
  4. 手をつなげば
  5. オリオン通り
    • 作詞・作曲・編曲・唄: 斉藤和義、浜崎貴司
  6. 裸の王様
  7. 裸の俺様
  8. 愛のソリーナ
  9. 悲しき街角[4]
  10. 楽園
  11. はぐれ雲
  • 全曲作詞・作曲: 斉藤和義(except M-9)、編曲: 斉藤和義
  • 作曲: 隅倉弘至・森信之(M-8)、ストリングス・アレンジ: 村山達哉

DVD[編集]

  1. 青春
  2. ブルース

関連作品[編集]

  • ぼくらのルール
弾き語り 十二月 in武道館 〜青春ブルース完結編〜 - ライヴ音源
歌うたい15 SINGLES BEST 1993~2007 - スタジオ音源
  • 古いラジカセ
弾き語り 十二月 in武道館 〜青春ブルース完結編〜 - ライヴ音源
白盤 - スタジオ音源
Collection "B" 1993〜2007 - スタジオ音源(クロマチックハーモニカ Ver.)
  • アメリカ
弾き語り 十二月 in武道館 〜青春ブルース完結編〜 - ライヴ音源
  • オリオン通り
歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007 - スタジオ音源
  • 楽園
白盤 - スタジオ音源
  • はぐれ雲
Collection "B" 1993〜2007 - スタジオ音源

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b DVD付初回限定盤(VIZL-113)の演奏時間。
  2. ^ SPEEDSTAR RECORDSは、ビクターエンタテインメント内のレーベル。
  3. ^ 「ぼくらのルール」のカップリング曲「ジレンマ(ライブ)」と「古いラジカセ(クロマチックハーモニカ Ver.)」は本アルバム未収録。『Collection "B" 1993〜2007』(2008/9/17発売、BVCR-18151/3)に収録された。「ジレンマ」のオリジナル・ヴァージョンは1994年3月24日発売の『ジレンマ』(1997/2/26発売、FHCF-2157)に収録されている。
  4. ^ トリビュート・アルバム『漣健児トリビュート 〜Together And Forever〜』(2004/12/8発売、MTCH-1118)に収録された。


前作:
NOWHERE LAND
斉藤和義スタジオ・アルバム 次作:
俺たちのロックンロール