青春家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青春家族
ジャンル テレビドラマ
脚本 井沢満
演出 宮沢俊樹
出演者 清水美砂
いしだあゆみ
陣内孝則
加藤雅也
稲垣吾郎
所ジョージ
逸見政孝
相原勇
楠トシエ
橋爪功
ナレーター 杉浦圭子
オープニング 作曲:羽田健太郎
時代設定 現代
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年4月3日 - 9月30日
放送時間 月曜日 - 土曜日8:15 - 8:30
放送分 15分
回数 全156[1]
テンプレートを表示

青春家族』(せいしゅんかぞく)は、1989年平成元年)4月3日から9月30日まで放送されたNHK連続テレビ小説第42作である。

概要[編集]

主演は清水美砂いしだあゆみ。この2人を中心にひとつの「家族」が、いろんな問題に直面しながら葛藤する、まさに「青春まっただ中」の家族模様を明るく描いた。

麻子役のいしだはダブルヒロインながらも、当時の朝ドラ最年長となる41歳でヒロイン役を演じた。また、この頃まだ結成されたばかりのSMAPのメンバー全員が本作のオーディションを受け[注 1]、当時15歳の稲垣吾郎[注 2]が合格し[2]レギュラー出演していた。逸見政孝俳優として出演した数少ないドラマでもある[注 3][3]

太平洋戦争を挟んだ時期を舞台にした「女性の一代記」という路線がほぼ定着していた朝ドラが、「現代」を舞台に「家族の1年」を描くという設定で話題を呼んだ(連続テレビ小説で放送時点とほぼ同年代を主な舞台とする作品は、1981年度上半期の『まんさくの花』以来8年ぶりであった[4])。

1989年の平均視聴率は37.8%、最高視聴率は44.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[5]。全156回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 本作は静岡県土肥町(現・伊豆市)が舞台だったことから、当時静岡放送局では18:30からの時間枠にも1日先行して放送されていた[6]
  • 岩井一之役で出演した逸見政孝は、前年でフジテレビを退職しフリーアナウンサーとなり、ドラマ開始の前月まで担当した『FNNスーパータイム』のキャスターを降板、本作で初めて本格的な俳優業に挑戦。これが初の本格ドラマ出演となった(フジテレビアナウンサー時代には『金メダルへのターン!』の実況アナ役などがあった)。劇中では海外に移住してビデオレターに登場したりするものの、アルコール依存症により途中で帰国し、極度の泥酔状態に陥るまでを演じてみせた。当時逸見本人はへべれけのメイクをしていたため、撮影後、メイクのまま大喜びで帰宅し、家族を驚かせたという。
  • 完全版・総集編共にDVDは未発売。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 同様にグループ活動をしているメンバー全員が連続テレビ小説のオーディションを受けたケースとしてももいろクローバーZメンバー全員が『べっぴんさん』のヒロインオーディションを受けたケースがある。(『べっぴんさん』では百田夏菜子が主要キャストに起用された)
  2. ^ 稲垣はSMAPメンバーとして『梅ちゃん先生』の主題歌を歌唱(俳優としては出演していない)し、本作より約30年後に俳優として『スカーレット』に出演している。また、稲垣に続いて星野源が「俳優として出演した作品と別作品で連続テレビ小説の主題歌を歌唱」している。
  3. ^ 逸見の出演を強く推したのは脚本担当の井沢満であった。井沢は「日本にも欧米並みに、どこに出しても恥ずかしくないニュースキャスターが輩出してきた。その中の一人を起用することで、どれだけ話題性が出るか、どれだけドラマが光り輝くか」と主張し「誰が一番良いか」というスタッフの問いに逸見の名を挙げたという。
出典
  1. ^ NHKアーカイブス
  2. ^ 2012年4月22日放送『MUSIC JAPAN』(NHK総合)より。
  3. ^ 三木治『天国へのメッセージ 逸見政孝―その出会いから別れまで』廣済堂出版、1994年、102頁。
  4. ^ 『朝ドラの55年〜全93作品完全保存版』NHK出版、2015年10月。ISBN 9784144072130。
  5. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  6. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'90』 日本放送出版協会、1990年、421-422頁。 
NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
青春家族
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
青春家族