青景隆著

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
青景隆著
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 弘治12年(1556年)?
別名 右京進[1]
官位 越後守[1]
主君 大内義隆
氏族 青景氏
テンプレートを表示

青景 隆著(あおかげ たかあきら)は、戦国時代武将周防大内氏家臣

経歴・人物[編集]

大内氏第16代当主大内義隆の下で奉行人を勤める[1]

天文18年(1549年)2月、義隆に会うため周防山口に訪れた毛利元就隆元吉川元春らを歓待した[2]。同年11月3日、義隆の命で神辺合戦により大内氏が獲得した神辺城の城督となる[3]

義隆が同じく奉行人の相良武任を重用したため、これを排撃するため陶晴賢を煽動し、天文20年(1551年)晴賢は謀反に至る(大寧寺の変[1]弘治12年(1556年毛利氏との戦い(防長経略)で討死したと伝わる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 阿部猛西村圭子編『戦国人名事典』新人物往来社、p.9-10(1987)
  2. ^ 『毛利元就 「猛悪無道」と呼ばれた男』p123(著:吉田龍司、新紀元社、2010年9月)
  3. ^ 閥閲録』巻104
  4. ^ 青景城(おかげじょう) - ニッポン城めぐり(解説内容の出典は美祢市文化財保護課)