青木兼元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青木兼元(あおきかねもと)は、室町時代に作られたとされる日本刀打刀)である。日本の重要美術品に認定されており、個人収蔵。真柄切真柄切兼元とも呼称される。

概要[編集]

美濃国刀匠孫六兼元により鍛えられた日本刀であり、孫六の作刀の中でも最高傑作と評される一品である[1]

1570年元亀元年)に朝倉氏浅井氏織田氏徳川氏の間に近江国で起こった姉川の戦いは数的優位に立った織田氏・徳川氏側の勝利になったが、朝倉氏の家臣であった真柄直隆真柄直澄兄弟、真柄隆基らの必死の抵抗が続いていた。刃渡5尺を超える大太刀を持ち、暴れ回る真柄兄弟を討ち取った青木一重が使用していた刀で、その名が知られるようになった[注釈 1]。その後、青木一重が他界したのち、一重の遺言により、かつて一重が仕えていた丹羽長秀の長男である長重へと贈られる[2]。近代まで丹羽家に伝来していたのちに、1939年(昭和14年)に重要美術品に認定された。

作風[編集]

刀身[編集]

刃長70.6センチ、反り1.51センチ、元幅3.1センチ、先幅2.5センチの刀で、指し表に「兼元」二字銘がある。刃文はいわゆる「関の孫六三本杉」と呼ばれる特徴を有している。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 信長記』では真柄直澄は匂坂式部が討ち取ったとされている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『名刀その由来と伝説』- p.136より
  2. ^ 美濃伝の名工・孫六兼元 - 刀剣ワールド 2019年11月23日閲覧

関連項目[編集]

  • 日本刀一覧
  • 次郎太刀 - 千代鶴国安によって作られたとされる日本刀。打ち取られた真柄兄弟が扱っていた大太刀と言われている。