青木和惠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あおき かずえ
青木 和惠
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 看護学
研究機関 国立がんセンター
静岡県立静岡がんセンター
静岡県立大学
出身校 東京都立新宿高等看護学院卒業
昭和女子大学短期大学部
国文学科卒業
金沢大学大学院
医学系研究科博士課程前期修了
主な業績 がん患者のWOCケアの研究
Dynamic WOC Careの研究
プロジェクト:人物伝

青木 和惠(あおき かずえ)は、日本看護師看護学者(がん医療における患者のプロセス・がんのWOCケア)。勲等瑞宝単光章学位修士(保健学)金沢大学2003年)。静岡県立大学看護学部教授大学院看護学研究科教授。名の「惠」が旧字体のため、新字体青木 和恵(あおき かずえ)とも表記される。

国立がんセンター中央病院副看護婦長、静岡県立静岡がんセンター看護部長、静岡県立静岡がんセンター副院長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都立新宿高等看護学院[1][註釈 1]看護学を学び、1976年3月に卒業[1]

看護師として[編集]

1976年4月厚生省施設等機関である国立がんセンターに採用され[2][註釈 2]、中央病院の看護婦となる[2]1993年2月、副看護婦長に就任[2]。この間、昭和女子大学短期大学部国文学科[1]1982年3月に卒業[1]聖路加国際病院のETスクールに通い[2]1987年10月にストーマ療法士[2]1998年12月には皮膚・排泄ケア看護認定看護師の資格を取得した[2]

2002年4月静岡県立静岡がんセンターの副看護部長となり、[2]2007年4月から看護部長[2]2011年4月から副院長[2]兼、認定看護師教育課程長[2]。勤務の傍ら、金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻にて看護学領域を学び[1][3]2003年3月博士課程前期を修了した[1]修士論文「終末期がん患者における褥瘡の病態の変化からみた形態的分類と看護ケアとの関係」[3]の内容は後年、松井優子らの研究業績とともに『日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌』に収められた[3][4]。また、2004年4月より静岡県立大学大学院の看護学研究科にて客員教授に併任されている[2]2013年4月には、大阪大学大学院の医学系研究科にて招聘教授に併任されている[2]。そのほか、岩手県立大学大学院の看護学研究科においても、講師を兼任し非常勤で務めた[5]。公的団体の役職も多く務めており、社団法人である日本看護協会では2003年4月より認定看護師認定審査委員を務め[6][註釈 3]、同じく社団法人である静岡県看護協会では2010年4月より学術研究推進委員長を[6][註釈 4]、2011年4月からは倫理審査委員を務め[6]静岡県病院やファルマバレーセンターなどで構成される静岡県治験ネットワークでは2011年3月より支援倫理委員を務めた[6]

看護学者として[編集]

2016年4月、静岡県立大学看護学部教授に就任し[2]、主に看護学科の講義を担当した[7]。大学院看護学研究科教授も兼務し[7]、主に看護学専攻の講義を担当した[8]2017年5月2日、看護業務功労により瑞宝単光章が授与され、[9]静岡県知事川勝平太から勲記勲章が伝達された[10]

研究[編集]

専門は看護学で、がん医療における患者プロセス[11]、がんのWOCケアを研究する[11]。「WOCケア」とは創傷、オストミー、失禁などに対する看護の総称。悪性新生物の患者における皮膚・排泄ケアや[12]「Dynamic WOC Care」と称される皮膚・排泄ケアを研究し、[12]ストーマの看護に関する専門書なども出版している[13][14][15]。また、悪性新生物の患者のプロセスを支える看護に関して研究している[12]

日本ストーマリハビリテーション学会[16]、日本褥瘡学会[16]、日本創傷・オストミー・失禁管理学会[16]、日本がん看護学会[16]、日本放射線看護学会[16]日本緩和医療学会などに所属[16]

略歴[編集]

栄典[編集]

著作[編集]

名の「惠」が旧字体のため、「青木和恵」名義の著作も存在する。

共著[編集]

  • 青木和恵ほか著『やさしいストーマケア――レッツ・スタディ』桐書房、1996年。ISBN 487647320X
  • 青木和恵・坂元敦子・世良俊子著『レッツ・スタディやさしいストーマケア――人工肛門・人工膀胱との快適な暮らし方』新装版、桐書房、1998年。ISBN 4876474184
  • 青木和恵・坂元敦子・世良俊子著『やさしいストーマケア――レッツ・スタディ』改訂版、桐書房、2003年。ISBN 4876476004

編纂[編集]

寄稿、執筆依頼、等[編集]

  • 辻哲也編著『実践! がんのリハビリテーション』メヂカルフレンド社2007年。ISBN 9784839213961
  • 真田弘美・須釜淳子編『実践に基づく最新褥瘡看護技術――フローチャートでわかるケア手順』改訂版、照林社2009年。ISBN 9784796522014
  • ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編『ストーマリハビリテーション』3版、金原出版、2016年。ISBN 9784307701990

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都立新宿高等看護学院は、のちに東京都立新宿看護専門学校に改組され、東京都立保健科学大学の源流の一つとなった。
  2. ^ 国立がんセンターは、のちに国立がん研究センターに改組された。
  3. ^ 日本看護協会は、のちに公益社団法人に移行した。
  4. ^ 静岡県看護協会は、のちに公益社団法人に移行した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「学歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「主な経歴」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  3. ^ a b c 「修士課程・博士前期課程」『教室案内|金沢大学医薬保健研究域保健学系・金沢大学医薬保健学総合研究科保健学専攻 看護科学領域 臨床実践看護学講座 創傷看護技術学分野金沢大学医薬保健学総合研究科保健学専攻看護科学領域臨床実践看護学講座創傷看護技術学分野
  4. ^ 青木和惠ほか「終末期がん患者における褥瘡の形態的特徴と経過および悪化要因」『日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌』17巻4号、日本創傷・オストミー・失禁管理学会、2014年1月31日、294-303頁。
  5. ^ 「非常勤講師」『岩手県立大学看護学部・看護学研究科岩手県立大学看護学部・看護学研究科
  6. ^ a b c d 「主な社会活動」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  7. ^ a b 「教員情報詳細」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  8. ^ 「担当教員」『静岡県立大学看護学部 | 成人・老人看護学Ⅰ慢性看護学静岡県立大学大学院看護学研究科
  9. ^ 「喜びの受章者」『春の叙勲:喜びの受章者 - 毎日新聞毎日新聞社2017年4月29日
  10. ^ 「看護学部教員が平成29年春の叙勲を受賞しました」『看護学部教員が平成29年春の叙勲を受賞しました | ニュース | 静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学2017年5月2日。(原文ママ。「受賞」は「受章」の誤字と思われる。)
  11. ^ a b 「専門分野」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  12. ^ a b c 「主要研究テーマ」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学
  13. ^ 青木和恵ほか『やさしいストーマケア――レッツ・スタディ』桐書房、1996年
  14. ^ 青木和恵・坂元敦子・世良俊子『レッツ・スタディやさしいストーマケア――人工肛門・人工膀胱との快適な暮らし方』新装版、桐書房、1998年
  15. ^ 青木和恵・坂元敦子・世良俊子『やさしいストーマケア――レッツ・スタディ』改訂版、桐書房、2003年
  16. ^ a b c d e f 「所属学会」『静岡県立大学教員データベース|静岡県公立大学法人 静岡県立大学静岡県立大学

関連項目[編集]