青木善祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青木 善祐(あおき よしすけ、1892年明治25年)11月1日[1] - 1974年昭和49年)8月14日[1])は、内務官僚長崎市長宮崎県宮崎市長、延岡市長。

経歴[編集]

宮崎県東臼杵郡延岡町(現在の延岡市)出身[2]。師範学校を卒業した後、1917年大正6年)に中央大学)を卒業し、翌年に高等試験に合格した[2]鉄道院書記を経て、内務属、茨城県警視岡山県理事官熊本県事務官・地方課長、大阪府事務官・地方課長、同商務課長、山形県書記官・学務部長、同警察部長、熊本県書記官・警察部長を歴任した[2]

1935年(昭和10年)、長崎市助役に就任[2]1938年(昭和13年)には長崎市長となった。

その後、1941年(昭和16年)からは宮崎市長を務めた。

戦後、公職追放となり[3]、追放解除後の1956年(昭和31年)には延岡市長に選出された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本の歴代市長 第3巻 p.695 1985.
  2. ^ a b c d 長崎市制五十年史 p.87 1939.
  3. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛宮崎市」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年20頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『長崎市制五十年史』 長崎市、1939年
  • 『日本の歴代市長 第3巻』 歴代知事編纂会、1985年