青木忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 忍
個人情報
誕生日 (1968-01-26) 1968年1月26日(50歳)
出身地 日本の旗 埼玉県
大学 大東文化大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション スタンドオフ
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
大東第一高校
大東文化大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
リコー
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 5
最終更新:2015年9月.
コーチ歴
クラブ / チーム
大東文化大学

青木 忍(あおき しのぶ、1968年1月26日 - )は、日本の元ラグビー選手及び元ラグビー監督。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

大東第一高校時代、1985年度の全国高等学校ラグビーフットボール大会で優勝を経験。1986年大東文化大学(以下、大東大)に入学し、1年次よりレギュラーの座を掴む。そして同年度の第23回全国大学ラグビーフットボール選手権大会(以下、大学選手権)において、同じく1年生だったシナリ・ラトゥ、ワテソニ・ナモアのトンガからの留学生らとともに、早稲田大学(以下、早大)を決勝で破って、大東大の初優勝に貢献。

1988年度の第25回大学選手権では、明治大学と、決勝で12-12の引き分けながらも2度目の大学日本一を経験。またこの決勝でトライ数の多いチームが日本ラグビーフットボール選手権大会(日本選手権)に進出できることになったことから、全国社会人ラグビーフットボール大会で初優勝した神戸製鋼と対戦している。

1989年5月28日秩父宮ラグビー場で行われたスコットランド戦で、日本代表として初のキャップを獲得。当時早大の学生だった堀越正巳とともに、「大学生ハーフ団」を結成したが、28-24でスコットランドを破ったそのメンバーの一員として名を連ねた[1]

その後、リコーへ進んだ。1991年開催のラグビーワールドカップのメンバーにも選ばれたが、松尾勝博にレギュラーポジションの座を明け渡し、試合に出ることはできなかった。

2009年から2012年まで、母校・大東大の監督を務めた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本、ウェールズ破る新伝説!/ラグビー - 日刊スポーツ2013年6月16日付