青木悠人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木 悠人 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ハードル走
生年月日 (1984-07-11) 1984年7月11日(35歳)
生誕地 徳島県
身長 175cm
体重 73kg
110mハードル 13秒66
編集 テンプレートのヘルプを表示する

青木 悠人(あおき ゆうと 1984年7月11日- )は日本の陸上競技選手[1]

小中学校では野球をしていた。中学の時にハードルで四国大会2位となり、高校から陸上競技に転向することを決意、陸上部のある徳島県立富岡東高等学校へ進学した[2]早稲田大学スポーツ科学部に進学[2]、大学卒業後はMESSIAS TCに所属している[1]

北京オリンピック代表選考会である2008年の日本陸上競技選手権大会110メートルハードルでは準決勝で1位となったが、決勝でハードルを引っかけて転倒、棄権した[3]。同年9月23日に川崎市等々力陸上競技場で行われたスーパー陸上の110メートルハードルでは14秒16で7位となった[4]

大学卒業後は徳島県で教員となった[5]。2010年6月の日本陸上競技選手権大会の110メートルハードルで自己ベストの13秒66をマークして2位、同年広州市で行われたアジア競技大会に出場、7位となっている[1][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 選手名鑑”. 日本陸上競技連盟. 2012年5月16日閲覧。
  2. ^ a b 早大競走部日本一への道・第1回”. 早稲田スポーツ新聞会. 2012年5月16日閲覧。
  3. ^ 竹澤が北京五輪へ!”. 早稲田スポーツ新聞会. 2012年5月16日閲覧。
  4. ^ 男子110mハードル”. スーパー陸上競技大会2010川崎 オフィシャルサイト. 2012年5月16日閲覧。
  5. ^ 速報 青木悠人先生 アジア大会日本代表に内定!!”. 徳島県立城ノ内中学校・高等学校 (2010年6月16日). 2012年5月16日閲覧。
  6. ^ 第16回アジア競技大会(2010/広州)2010年11月24日 日本代表選手団 結果・記録”. 日本オリンピック委員会. 2012年5月16日閲覧。