青木放屁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あおき ほうひ
青木 放屁
本名 青木 富宏(あおき とみひろ)
別名義 青木 富廣
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本
職業 子役
ジャンル 劇映画現代劇トーキー
活動期間 1947年 - 1953年
著名な家族 小倉繁(実父)
青木富夫(異父兄)
事務所 松竹大船撮影所
主な作品
長屋紳士録
風の中の牝鶏
晩春

青木 放屁(あおき ほうひ、生没年不詳)は、日本の元子役[1][2]。出身地不詳。本名は青木 富宏(あおき とみひろ)。旧芸名は青木 富廣

来歴・人物[編集]

生年生地不明[1]

松竹蒲田撮影所の喜劇俳優である小倉繁と同じく、蒲田の名子役・青木富夫(突貫小僧)の母・スエの息子である。鎌倉市立大船中学校を卒業[1]

実家が蒲田にあったため、幼児の頃から富夫について松竹蒲田撮影所に遊びに行くうちにスタッフの目にとまり、1947年小津安二郎監督の戦後復帰第一作目『長屋紳士録』に青木 富廣(あおき とみひろ)名義で、飯田蝶子に引き取られる戦災孤児ふうの少年役で初出演する[1]

太っていたので撮影所の皆から「ブーちゃん」の愛称で親しまれ、芸名も青木 放屁と改名する。以後、小津作品を中心に活躍するが1953年に公開された池田忠雄監督映画『関白マダム』の松本太郎役で出演した後、芸能界を引退した[1]

異父兄の富夫は2004年1月24日に80歳で死去したが、その後の放屁の消息は不明である[1]没年不詳

出演作品[編集]

松竹大船撮影所[編集]

全て製作は「松竹大船撮影所」、配給は「松竹」、全てトーキーである。

  • 長屋紳士録』:監督小津安二郎、1947年5月20日公開 - 幸平 ※デビュー作[1]
  • 風の中の牝鶏』:監督小津安二郎、1948年9月17日公開 - 正一
  • 晩春』:監督小津安二郎、1949年9月19日公開 - 勝義
  • 『初恋問答』:監督渋谷実、1950年1月15日公開 - 辰一
  • 『銀座巴里』:監督萩山輝男、1952年5月15日公開 - チーター
  • 『関白マダム』:監督池田忠雄、1953年2月5日公開 - 松本太郎 ※引退作[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本映画人名事典 男優篇 上巻』 キネマ旬報社、1996年、20頁。
  2. ^ 『日本人物レファレンス事典 芸能篇I (映画・演劇・タレント)』 日外アソシエーツ、2014年、7頁。

関連項目[編集]