青木昌吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青木 昌吉(あおき しょうきち、明治5年4月5日1872年5月11日) - 昭和14年(1939年3月2日)は、日本ドイツ語学者。

東京出身。旧姓は中溝。東京帝国大学独文科卒。第五高等学校教授。1908年、東京帝大助教授、1923年、教授。文学博士1933年、定年退官。日本ゲーテ協会会長。

著書[編集]

編著[編集]

  • 邦語独逸文典 博文館1901.2 (帝国百科全書)
  • 邦語独逸文章論 博文館 1902.4 (帝国百科全書)
  • 実用独逸文典 博文館 1907.8
  • 独語教材 第1-3巻 南山堂書店1915-1916
  • 和文独訳教材 第1,2巻 南山堂書店 1918
  • 独逸小文典 南山堂書店 1921
  • 獨逸散文選 南山堂書店 1927.3
  • 獨語授業第一讀本 南山堂書店 1931.3

註解[編集]

  • ダス・ケチヘン・ホン・ハイルブロン クライスト(注釈)郁文堂書店1926.4 (詳註獨逸文學選)
  • フアウスト 第1部 ゲーテ 郁文堂書店 1947

参考[編集]

  • 東京帝国大学学術大鑑 1942 
  • 日本人名大辞典