青木湖バス転落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木湖バス転落事故
青木湖バス転落事故慰霊碑.jpg
青木湖バス転落事故慰霊碑
日付 1975年(昭和50年)1月1日[1]
時間 11時20分(JST)[1]
場所 青木湖長野県大町市[1]
座標 北緯36度36分31.6秒 東経137度50分42.6秒 / 北緯36.608778度 東経137.845167度 / 36.608778; 137.845167
死者・負傷者
死者24人[1]
負傷者15人[2]
テンプレートを表示
青木湖バス転落事故の位置
青木湖バス転落事故の位置
青木湖バス転落事故
の位置
青木湖バス転落事故の位置

青木湖バス転落事故(あおきこバスてんらくじこ)は、1975年(昭和50年)1月1日に、長野県青木湖畔で発生したバスの転落事故である[1]

概要[編集]

1975年(昭和50年)1月1日午前11時20分頃、長野県大町市青木湖畔にある市道の急カーブホテルのスキー客送迎バスが運転を誤り崖から33メートル下の青木湖に転落、乗客24人が逃げ遅れて死亡し、15人が負傷した[2][3]

事故の直接の原因は運転ミスだが、このバスは定員32名[注釈 1][注釈 2]のところを2倍近い62名を乗せて運行しており、客席はもちろん通路や前部ドアのステップ部分にまでスキー客が乗り込む寿司詰め状態であった[3]。車体前部のステップにいる乗客が邪魔になり、運転席からは左前部のミラーを確認できない状態だった[1]

ホテルへ行く途中、未舗装の凍結した坂道[注釈 3]を登りきり左急カーブにさしかかった時に事故が発生した[1]。この坂道は幅員が狭い上に6-7度程度の上がり勾配となっていて、しかもこの急カーブは半径20メートルくらいの鋭角カーブだった[3]

この時、運転手は左側ミラーが見えないため、車体左側をこすらないことに気をとられ、必要以上に右に車体を寄せてからカーブを曲がろうとした。この運転操作により右前輪が脱輪し、そのまま車体前部から滑り落ちるように転落した。バスは青木湖に落ちたあと一旦は浮き上ったものの、約5分後には完全に水没したという。運転手、運転助手、乗客36人の合計38名はバスの窓などから辛うじて脱出したが、乗客24人が逃げ遅れて犠牲(全員溺死)となり、15人が負傷した[2]

事故当時の気象状況は、天候は曇り、気温1度、湖水温度は6度だった。助かった乗客の多くは車体後部におり、前部ほど犠牲が多かった。

この事故により、運転手は実刑判決を受けた[1]。また、現場の道路は事故発生時もすれ違い可能であったが、事故後に大町市が改修工事を実施したため、幅員8.9mと拡張している[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 参議院会議録情報では、バスの定員を「38人」としている。
  2. ^ 信濃毎日新聞では、座席数を「36」としている[1]
  3. ^ 幅員約4m

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “バス転落24人死亡から40年”. 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社): p. 26. (2014年12月31日) 
  2. ^ a b c 消防年報(平成26年版) (PDF) p.8. 北アルプス広域消防本部ウェブサイト、2014年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c 第075回国会 運輸委員会 第2号 昭和50年1月17日 参議院会議録情報、2014年8月23日閲覧。

関連項目[編集]