青木猛比古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

青木 猛比古(あおき たけひこ、1831年天保2年)[1] - 1867年慶応3年)[2])は、幕末期の尊皇運動家。豊後国海部郡堅田郷柏江村(現・大分県佐伯市)出身[1]

農家に生まれ、幼少時より寺院に預けられる[1]1852年嘉永5年)に寺院を出奔して還俗し、尊皇運動に身を投じる[1]大坂に出たのち、京都白川伯王家の当主・資訓の知遇を得て、九州方面で尊皇運動の宣布活動をおこなった[1]。その後、京都と長門国周防国等を往来する[1]1865年(慶応元年)に豊後に戻った際に、楠木正成にちなんだ「楠公会」を佐田秀(ひずる)とともに結成した[1][3]1866年(慶応2年)の第二次長州征伐の際には小倉城の戦いに長州藩側で参加した[1]。その後は豊後国内で尊皇運動を続けたが、日田郡代が同志を襲撃したことを受けて、馬関(現・下関市)に逃れる[1]。翌年、京都に向かったが、その地で幕府側により殺害された[2]

死去から約65年が経過した1932年7月に、郷里の速川神社境内に、南海部郡教育会の手により記念碑が建立された[4]

関連文献[編集]

  • 大分県地方史研究会(編)『大分縣地方史 No.47』(青木猛比古特集号)大分県地方史研究会、1967年[5]
  • 南海部郡教育会(編)『勤王志士青木猛比古先生』南海部郡教育会、1933年[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 下川勝彦「勤王家青木猛比古先生」『大分縣地方史』No.47、大分県地方史研究会、1967年、pp.13 - 31(執筆は1931年。別府大学地域連携プログラムよりPDF閲覧可能)
  2. ^ a b 佐藤蔵太郎「青木猛比古」『大分縣地方史 No.47』1967年、pp.2 - 4(執筆は1924年。別府大学地域連携プログラムよりPDF閲覧可能)
  3. ^ 国学 - 『大分事典』大分放送
  4. ^ 山田平之亟「青木猛比古先生建碑顛末」『大分縣地方史 No.47』1967年、pp.32 - 34(執筆は1933年。別府大学地域連携プログラムよりPDF閲覧可能)
  5. ^ 別府大学地域連携プログラム