青木玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木 玉
誕生 (1929-11-30) 1929年11月30日(89歳)
東京市芝区伊皿子
最終学歴 東京女子大学
ジャンル 随筆
主な受賞歴 芸術選奨文部大臣賞
配偶者 青木正和
子供 青木奈緒
親族 幸田文(母)
テンプレートを表示

青木 玉(あおき たま、1929年11月30日 - )は、日本の随筆家である。幸田露伴の孫、幸田文の一人娘。

東京出身。東京女子大学国語科卒業。1994年「小石川の家」で芸術選奨文部大臣賞受賞。 娘の青木奈緒もエッセイスト。

略歴[編集]

1929年11月30日、父三橋幾之助、母幸田文の一人娘として、東京市芝区伊皿子(現東京都港区)に生まれる[1]。生後八ヶ月で腸重積手術を受けるなど、幼少の頃は病気がちであった。

1936年、永田町小学校(現麹町小学校)入学[2]。この年、築地で会員制小売り酒屋を開店。三橋本店が倒産[3]

1937年京橋に引っ越して小売り酒屋を開く。このとき既に幾之助は結核にかかっており、実際には文が店を切り回していた。翌年、幾之助は肺壊疽のため手術を受け回復[4]するも、文と玉は幸田露伴の家に戻り、協議離婚した[3]

1943年三輪田高等女学校入学[3]

1944年、立川飛行機製作所に動員される[3]

1945年、露伴、文とともに露伴の再婚相手であった八代(やよ)の別居先の長野県疎開。その後、露伴を伊東に移し、文と玉は土橋利彦宅へ一時留まったのち、千葉県市川市菅野に家を借りて移り住んだ。(翌年、露伴を菅野の家に移した)[3]

1946年東京女子大学入学[3]

1947年東京大空襲のため焼失した小石川蝸牛庵跡に家を建て、移り住む[3]

1959年結核予防会結核研究所の医師、青木正和[5]結婚[3]

1961年10月12日、尚が生まれる。12月に小石川蝸牛庵の近所に家を建て引っ越す[3]

1963年4月14日奈緒が生まれる[3]

1990年10月31日、文が心不全のため死去[3]

以降、幸田文の未刊行作品の編纂、岩波書店版『幸田文全集』の編集委員等をつとめる。

1994年、『幸田文全集』の出版に合わせ、小石川蝸牛庵に引っ越した後の様子を綴った自伝的随筆『小石川の家』を発表し、文筆活動も開始した(なお『小石川の家』は1995年に芸術選奨文部大臣賞を受賞した)[6]

著書[編集]

  • 『小石川の家』 講談社、1994 のち講談社文庫、1998年、ISBN 4062637464
  • 『幸田文の箪笥の引き出し』 新潮社、1995 のち新潮社文庫、1995年、ISBN 4101216215  
  • 『帰りたかった家』 講談社、1997 のち講談社文庫、2000年、ISBN 4062647923
  • 『なんでもない話』 講談社 1997 のち講談社文庫、2000年、ISBN 4062649829
  • 『祖父のこと母のこと 青木玉対談集』 小沢書店 1997.11 のち改題し『記憶の中の幸田一族』 講談社文庫、2009年、ISBN 9784062763516
  • 『手もちの時間』 講談社 1999 のち講談社文庫、2002年、ISBN 4062735989
  • 『こぼれ種』 新潮社 2000 のち新潮文庫、2003年、ISBN 4101216223
  • 『上り坂下り坂』 講談社 2001 のち講談社文庫、2005年、ISBN 4062749785
  • 『底のない袋』 講談社 2004 のち講談社文庫、2007年、ISBN 9784062756044
  • 『着物あとさき』 写真:野中昭夫 新潮社 2006 のち新潮社文庫、2006年、ISBN 9784101216232 

編著・共著[編集]

  • 『幸田文 しつけ帖』平凡社、2009
  • 『幸田文 台所帖』平凡社、2009  
  • 『幸田文 きもの帖』平凡社、2009  
  • 『幸田文 季節の手帖』平凡社、2010 
  • 『幸田文 旅の手帖』平凡社、2010 
  • 『幸田文 どうぶつ帖』平凡社、2010 
幸田文の遺稿の編纂刊行
  • 「木」、「崩れ」、「季節のかたみ」、「きもの」ほか
    • 『幸田文全集 全23巻・別巻1』 岩波書店、1994-1997・2003年、編集委員の一人。
  • 『ひとりの生き方 ふたりの生き方』講談社、上坂冬子との対談 1999.8
  • 『きもの暮らし 着こなしの知恵と楽しみ』PHP研究所、2000 京都「染司よしおか」当主の吉岡幸雄との対談

映像化[編集]

出典[編集]

  1. ^ 三橋幾之助は清酒問屋「あまほん」を経営する三橋家の三男。幾之助は幸田家の養子として入籍したが、経営に際しては三橋を名乗っていた。『幸田文全集』第23巻、年譜
  2. ^ 『幸田文全集』月報別巻・付録 P111
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『幸田文全集』第23巻、年譜
  4. ^ 幾之助は1940年に結核のため死去。『幸田文全集』第23巻、年譜
  5. ^ のち結核予防会会長。2010年5月29日死去。公益財団法人結核予防会機関誌「複十字 No.334 pp.2-5」
  6. ^ 『文藝別冊 増補新版 幸田文』 河出書房新社、2014年。『小石川の家』 講談社文庫、1998年
  7. ^ 久世光彦 「風呂敷」「森繁さん (1)」『ニホンゴキトク』 講談社文庫、1999年
  8. ^ 日本民間放送連盟賞/1996年(平成8年)入選・事績 テレビドラマ部門
  9. ^ 東京ニュース通信社・第14回(1995年度)向田邦子賞