青木秀夫 (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青木 秀夫(あおき ひでお、1950年10月1日 - )は、日本の物理学者東京大学大学院教授、現在東京大学名誉教授。専門は物性物理学理論、特に超伝導量子ホール効果理学博士東京大学、1978年)。高エネルギー加速器研究機構客員教授、ETH Zurich(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)客員教授も歴任。東京都出身。


略歴[編集]

業績[編集]

著書[編集]

  • H. Kamimura and H. Aoki: Physics of Interacting Electrons in Disordered Systems (International Series of Monographs on Physics 76), Oxford University Press, Oxford 1989年
  • H. Aoki, M. Tsukada, M. Schluter and F. Levy (editors): New Horizons in Low-Dimensional Electron Systems (in the series Physics and Chemistry of Materials with Low-Dimensional Structures), Kluwer Academic Publishers, Dordrecht 1992年
  • Hideo Aoki, Yasuhiko Syono and Russell J. Hemley (editors): Physics Meets Mineralogy --- Condensed-Matter Physics in Geosciences, Cambridge Univ. Press 2000年
  • Hideo Aoki: Integer quantum Hall effect in P. Bhattacharya, R. Fornari and H. Kamimura (ed.): Comprehensive Semiconductor Science & Technology, Vol. 1, pp.175-209 (Elsevier 2000年)
  • Hideo Aoki and Mildred S. Dresselhaus (ed.): Physics of Graphene (Springer-Verlag, 2014)
  • 青木秀夫:量子ホール効果(「物理学最前線」第11巻、共立出版、1985年
  • 青木秀夫:相互作用する電子(塚田捷編「21世紀 学問のすすめ」第9巻「物理学のすすめ」(筑摩書房、1997年)、第6章
  • 草部浩一、青木秀夫:「強磁性」(青木秀夫監修:多体電子論、第I巻;東京大学出版会、1998年
  • 黒木和彦、青木秀夫:「超伝導」(青木秀夫監修:多体電子論、第II巻;東京大学出版会、1999年
  • 中島龍也、青木秀夫:「分数量子ホール効果」(青木秀夫監修:多体電子論、第III巻;東京大学出版会、1999年)
  • 青木秀夫:「高温超伝導の機構はどこまで解明されたか」、日本物理学会(編):「ボース・アインシュタイン凝縮から高温超伝導へ」(日本評論社、2003年)、第5章
  • 青木秀夫:「超伝導入門」(裳華房2009年
  • 青木秀夫:「グラフェンの特異な物理」、斉木幸一朗、徳本洋志(編)「グラフェンの機能と応用展望」(CMC出版、2009年)、第1章
  • 森本高裕、青木秀夫:「グラフェンの光学特性」、斉木幸一朗(監修)「グラフェンの機能と応用展望II」(CMC出版、2012年)、第1章
  • 青木秀夫:「グラフェンの物性理論ー量子化学的観点から」、日本化学会(編):「二次元物質の科学―グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界」化学同人、2017年)、Part II 第1章

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる