青木重誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木 重誠
Shigemasa Aoki.jpg
生誕 1893年3月15日
大日本帝国の旗 大日本帝国 石川県
死没 (1943-06-29) 1943年6月29日(50歳没)
オーストラリアの旗 オーストラリア ニューギニア島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1913 - 1943
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

青木 重誠(あおき しげまさ、1893年明治26年)3月15日[1][2] - 1943年昭和18年)6月29日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

石川県出身[1][2][3]。青木織之助陸軍中尉の長男として生れる[1]金沢第二中学校名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1913年5月、陸軍士官学校(25期)を首席で卒業[2][3][4]。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第7連隊付となる[1][3]1920年11月、陸軍大学校(32期)を優等で卒業した[1][2][3]

陸軍省軍務局付勤務、陸軍兵器本廠付兼軍務局課員(軍事課)、フランス駐在、陸軍技術本部付兼軍務局課員(軍事課)、整備局課員、軍務局課員、兵器本廠付などを経て、1930年12月、陸軍省副官陸相秘書官となり宇垣一成南次郎荒木貞夫と三代の大臣に仕えた[1]。軍務局課員(軍事課)、歩兵第8連隊付、参謀本部員、歩兵第7連隊長、人事局補任課長を経て、日中戦争では第2軍参謀副長として出征し、同軍参謀長、第11軍参謀副長、同参謀長を歴任した[1][2][3]1939年3月、陸軍少将に進級[1][3]

陸軍習志野学校長、大本営付などを経て、1941年10月、陸軍中将となった[1][2][3]太平洋戦争においては、南方軍総参謀副長として出征した[2][3]1942年8月、第20師団長となり、ニューギニア戦線に動員され、飛行場建設などに従事中、1943年6月、マラリアにより戦病死した[1][2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 長男 青木誠一(陸軍少尉)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本陸海軍総合事典』第2版、5頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』13頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』328頁。
  4. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、5,626頁。
  5. ^ 『官報』 1942年7月11日 叙任及辞令 「海軍中将 従四位 勲二等 功三級 青木重誠 タイ国皇帝陛下ヨリ贈与シタル白象第一等勲章ヲ受領シ佩用スルヲ允許セラル 七月六日賞勲局」

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。