青木長三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
青木長三郎
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
主君 德川義直
氏族 青木氏
父母 青木貞治
テンプレートを表示

青木 長三郎(あおき ちょうさぶろう)は、戦国時代武将德川義直の家臣。[1]

経歴[編集]

父は二俣城の副将である青木貞治三方原の戦いで戦死した。長三郎は伊賀越えに随行し、家康御側五人の一人となった[2]。その後は御側衆3500石に取り立てられ大出世した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 徳川家康文書の研究-第3巻
  2. ^ 高柳光寿『戦国戦記 本能寺の変・山崎の戦』 春秋社 1958年
  3. ^ 近世御用絵師

参考文献[編集]