青木陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青木 陸
Riku69.jpg
2017年11月20日 由宇練習場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県天童市
生年月日 (1997-11-11) 1997年11月11日(21歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手捕手
プロ入り 2015年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青木 陸(あおき りく、1997年11月11日 - )は、山形県天童市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

小学校4年生の時に成生ファイヤードラゴンズにて野球を始め、中学時代にはボーイズリーグに所属する仙台ボーイズに所属した。

山形中央高校進学後、1年生春期からベンチ入りを果たし、秋から三塁手としてレギュラーとなった。2年生の夏には第96回全国高等学校野球選手権大会に出場、チームは3回戦まで進出し、青木は本塁打も記録した[1][2][3]。秋には捕手に転向[2]、3年生の夏は山形大会準決勝で敗退し連続の出場はならなかったが[4]、高校通算46本の本塁打を記録した[3]

2015年10月22日に行われたドラフト会議で広島東洋カープから内野手として7位指名を受け[5]、11月5日に契約金2000万円、年俸420万円で合意[6]、12月7日入団した[7]

しかし、3年間で一軍出場はなく、2018年シーズン終了後に戦力外となった[8]

詳細情報[編集]

打撃フォーム(2017/11/20由宇練習場)

年度別打撃成績[編集]

一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 69 (2016年 - 2018年)

出典[編集]

  1. ^ 健大高崎―山形中央(3回戦) - 試合結果 - 全国高校野球選手権大会”. 朝日新聞デジタル. 2016年8月7日閲覧。
  2. ^ a b 山形中央8強、プロ注目打者青木が46号満弾/山形”. 日刊スポーツ (2015年7月18日). 2016年8月7日閲覧。
  3. ^ a b 広島7位青木、重量バット振り回す怪力で猛アピール”. 日刊スポーツ (2016年1月11日). 2016年8月7日閲覧。
  4. ^ 鶴岡東わずか2安打で昨夏V山形中央を撃破/山形”. 日刊スポーツ (2015年7月22日). 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ 広島東洋カープ 選択選手一覧”. 日本野球機構 (2015年10月22日). 2016年8月7日閲覧。
  6. ^ 広島ドラ7青木陸の入団が決定 年俸420万円”. 日刊スポーツ (2015年11月5日). 2016年8月7日閲覧。
  7. ^ 広島、新入団選手を発表、ドラ1岡田「2桁勝利を目指す」”. 産経ニュース (2015年12月7日). 2016年8月7日閲覧。
  8. ^ ブラジル出身左腕・オスカル、“栗原2世”青木に戦力外”. デイリースポーツ (2018年10月28日). 2019年2月20日閲覧。

関連項目[編集]