青木 (川口市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 埼玉県 > 川口市 > 青木 (川口市)
青木
—  町丁  —
川口市役所
青木の位置(埼玉県内)
青木
青木
青木の位置
座標: 北緯35度48分27.29秒 東経139度43分27.84秒 / 北緯35.8075806度 東経139.7244000度 / 35.8075806; 139.7244000
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Kawaguchi, Saitama.svg 川口市
地区 青木地区
面積[1]
 - 計 1.165km2 (0.4mi2)
人口 (2018年(平成30年)3月1日現在)[1]
 - 計 14,759人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 332-0031[2]
市外局番 048 (川口MA)[3]
ナンバープレート 川口

青木(あおき)は、埼玉県川口市町名。現行行政地名は青木一丁目から青木五丁目。郵便番号は332-0031[2]

地理[編集]

川口市の中南部の青木地区にある町で、芝川の西岸にあたる。川口市役所の所在地。

下青木村(現:青木、中青木、西青木)の東部に位置するため、「青木東」と呼ばれることも稀にある。1976年の住居表示実施で成立した。川口市役所をはじめとする川口市の行政機関が多く所在し、川口市の行政の中心となっている。市街は住宅地工場の混在地帯となっている。最寄駅は川口駅川口元郷駅南鳩ヶ谷駅などとなる。

五丁目には、広大な敷地面積を持つ川口オートレース場が置かれ、オートレース開催のほか、地元の児童生徒の交通指導や、8月に実施される夏祭りであるたたら祭りにも使われる。

地価[編集]

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば青木1-3-15の地点で34万9000円/m2となっている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

青木村川口町南平柳村横曽根村と合併した1930年代半ば頃から、上青木は引き続き"上青木"、下青木は"青木"と呼ばれるようになったため、大半がかつての下青木の域である当地域にも"青木"の名が付いている。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前 実施年月日 実施前
青木1丁目 1976年(昭和51年)1月12日 青木町1丁目 1937年 下青木
青木2丁目
青木3丁目 青木町2丁目
青木4丁目
青木5丁目 青木町2丁目、5丁目、上青木町1丁目 下青木、上青木

※変遷の一部を省略

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)3月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
青木一丁目 1,906世帯 4,186人
青木二丁目 1,285世帯 2,591人
青木三丁目 1,219世帯 2,499人
青木四丁目 1,629世帯 3,713人
青木五丁目 830世帯 1,770人
6,869世帯 14,759人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
青木一丁目 全域 川口市立青木中央小学校 川口市立青木中学校
青木二丁目 全域
青木三丁目 全域
青木四丁目 全域
青木五丁目 1番1号〜2番99号
17番1号〜20番99号
3番1号〜8番99号
14番1号〜16番99号
川口市立青木北小学校
その他 川口市立上青木南小学校 川口市立上青木中学校

施設[編集]

行政[編集]

教育[編集]

医療[編集]

寺院・神社・教会[編集]

スポーツ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c かわぐちの人口第5表町丁字別人口”. 川口市 (2018年3月8日). 2018年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 住所から基本学区の学校を探す”. 川口市 (2008年2月28日). 2018年3月22日閲覧。

関連項目[編集]