青柳親房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青柳親房(あおやぎ ちかふさ 1953年9月2日 - )は日本の厚生官僚。元社会保険庁運営部長。

人物[編集]

東京教育大学附属高校東京大学経済学部経済学科卒業後、1976年に厚生省入省。各課の課長補佐で制度改正にかかわる[1]。1996年介護制度を担当する老人福祉計画課長。

2004年に社会保険庁運営部長となるが、2007年に年金問題の対応を巡り事実上の更迭で九州厚生局長となり[2]、2009年に辞職。その後福祉医療機構理事となるが、民主党政権下で更迭となる[3]。社会福祉法人こうほうえん理事を経て、新潟医療福祉大学社会福祉学部教授。

略歴[編集]

  • 1976年4月:厚生省入省
  • 1985年:大臣官房人事課課長補佐
  • 1986年:三重県福祉部老人福祉課長
  • 三重県社会課長
  • 1989年:保険局保険課課長補佐
  • 1989年:保険局企画課課長補佐[4]
  • 1996年:老人保健福祉局老人福祉計画課長
  • 保健医療局企画課長
  • 健康局総務課長
  • 2002年:厚生労働省政策統括官付参事官(社会保障担当)
  • 2004年:社会保険庁運営部長
  • 2007年:厚生労働省九州厚生局長[2]
  • 2009年7月:退官
  • 独立行政法人福祉医療機構理事
  • 拓殖大学大学院地方政治行政研究科非常勤講師(社会保障政策論)[1]
  • 社会福祉法人こうほうえん理事・東京事業本部長
  • 新潟医療福祉大学社会福祉学部教授[5]

参考資料[編集]

「政官要覧」 2000年~2002年

脚注[編集]

  1. ^ a b 立命館大学医療経営研究センター 介護経営管理者講座 講師”. www.ritsumei.ac.jp. 2019年10月17日閲覧。
  2. ^ a b 「天下り拒否」記事に見る表現の違い”. www.seikatsusha.org. 2019年10月17日閲覧。
  3. ^ 社保庁OBを更迭 厚労相 野党時代の“宿敵”(産経新聞)” (日本語). 農場をつくろう. 2019年10月17日閲覧。
  4. ^ 「厚生省名鑑」 時評社 1990年
  5. ^ 青柳 親房 | 教員紹介 | 社会福祉学科 | 新潟医療福祉大学”. www.nuhw.ac.jp. 2019年10月17日閲覧。