青梅スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青梅スタジアム
青梅スタジアムの位置(多摩地域内)
青梅スタジアム
施設データ
所在地 東京都青梅市今井5-2348-1
座標 北緯35度47分43.2秒 東経139度19分17.5秒 / 北緯35.795333度 東経139.321528度 / 35.795333; 139.321528座標: 北緯35度47分43.2秒 東経139度19分17.5秒 / 北緯35.795333度 東経139.321528度 / 35.795333; 139.321528
開場 1969年
所有者 青梅市
旧称 青梅球場
使用チーム • 開催試合
ロッテオリオンズ二軍( - 1989年)
収容能力
不明
グラウンドデータ
球場規模 不明

青梅スタジアム(おうめスタジアム)は、東京都青梅市にある野球場。野球場の他、テニスコートも設けられている。

歴史[編集]

1969年完成。元々は青梅球場という名称だった。

かつてはオーディオメーカーのティアックが所有し、社会人野球の東京ティアックの専用球場として、球団活動停止後は社内のレクリエーション活動に使用されていた。また、ロッテオリオンズの二軍が自前のグラウンドを持たなかった頃には本拠地として使用していた(1988年まで。翌年よりロッテ浦和球場に移転)。それはロッテの選手(一部の若手を中心とした一軍選手も含む)の寮が同社の狭山工場の場所にあり、そこから青梅スタジアムが比較的近いためだったとされた。しかし、その移動は現在なら首都圏中央連絡自動車道が開通しているので移動はさほど問題ないが、当時は一般道路での移動であった(それでもおよそ1時間であった)。

1995年に青梅市に売却譲渡され、現名称に改称。現在は軟式野球とテニスの市民レクリエーション活動に利用されている他、首都大学野球2部リーグの公式戦が実施されている。

管理棟トレーニングルームとして以前使われた建物もあるが、アスベストの使用が確認されたため、立入禁止となっている[1]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ 市公共施設のアスベスト対策について※平成27年3月にアスベスト除去工事を実施。