青梅町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青梅町
廃止日 1951年4月1日
廃止理由 新設合併
青梅町霞村調布村青梅市
現在の自治体 青梅市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京都
西多摩郡
隣接自治体 霞村、調布村、吉野村
三田村小曽木村
青梅町役場
所在地 東京都西多摩郡青梅町
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

青梅町(おうめまち)とは、神奈川県東京府東京都西多摩郡にかつて存在した町である。

概要[編集]

現在の青梅市1951年に新設合併で誕生したもので、本町とは別の自治体である。

地理[編集]

現在の青梅市の南部に位置する。

歴史[編集]

村域の変遷[編集]

変遷表

1868年
以前
明治5年 明治8年 明治22年
4月1日
昭和26年
4月1日
現在
青梅村 青梅町 青梅町 青梅市 青梅市
乗願寺村 勝沼村
西分村
日向和田村

大字[編集]

  • 青梅(おうめ)
  • 勝沼(かつぬま)
  • 西分(にしぶん)
  • 日向和田(ひなたわだ)

行政[編集]

歴代町長

平岡久左衛門が2名あるが、父子の関係であり襲名に依る[1]

経済[編集]

産業[編集]

商工業

商業が繁盛している[1]織物の生産地である[3]。織物仲買商は平岡久左衛門、瀧上助次郎、村山平三郎、諸井彦七、諸井傳吉、小林平二、山崎泰三、田中三之助、中村福三、小林己代吉、榎戸惣助等[4]。薬房は岸回春堂、薬須崎局[4]。平岡綿糸店、榎戸綿糸店[4]。機業家は榎戸雪蔵、澤田米蔵、大鳥浅造[4]。製材建築・加藤周太郎[4]。金物釜屋本店[4]。青梅傘製造元・林重太郎[4]。時計貴金属商・小峯吾助[4]

会社では、青梅鉄道会社、浅野セメント会社採掘所所長・中村寅造、帝国電燈支社[4]。銀行は青梅銀行、青梅商業銀行、多摩銀行がある[4]

農業

農業はほとんど其の影を見せず、農産物はほとんど川越地方、八王子方面よりの供給を仰いでいる[3]。『大日本篤農家名鑑』によれば青梅町の篤農家は、「小林萬右衛門、根岸大助、並木幾三郎、黒田庄助」などである[5]

地域[編集]

人口

1917年の調査に因る同町の戸数は2257戸で、其の中工業が398戸、商業が600戸、農業は僅々200戸に足らない[3]。他は皆官公吏、又は雑業である[3]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

政治・経済・行政・軍事[編集]

  • 岩田徳太郎(製茶仲買商、政治家)[6] - 町会議員。
  • 小林文右衛門(柳屋)[6] - 青梅町収入役
  • 瀧上悦蔵(織物仲買業、政治家)[6] - 青梅銀行取締。町会議員。町長。
  • 田邊榮吉(金物時計商・釜屋、政治家)[6] - 町会議員。
  • 津雲国利(政治家) - 衆議院議員拓務政務次官。
  • 橋本福次郎(酒造業、陶器販売油屋、赤十字社正社員、政治家)[6] - 町会議員。
  • 平岡磯三郎(赤十字社正社員、政治家)[6] - 町会議員。町長。
  • 平岡久左衛門(織物販売業、赤十字社正社員、政治家)[6] - 町会議員。町長。
  • 平岡久左衛門(実業家、政治家) - 平岡商店社長。青梅銀行頭取。町長。
  • 平岡貞一(軍人) - 海軍少将。

文化[編集]

  • 小林天淵(画家)
  • 根岸典則(詩人)
  • 根岸涼宇(俳人)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『自治団体之沿革 東京府之部』148-150頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『青梅郷土誌』109-113頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月10日閲覧。
  3. ^ a b c d 『町村行脚 歩むまゝ』1-9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『武相のぞき』36-37頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。
  5. ^ 『大日本篤農家名鑑』281頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 『武蔵国三多摩郡公民必携名家鑑』1頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 柴田勇之助、新堀豊三郎 編『武蔵国三多摩郡公民必携名家鑑』柴田勇之助ほか、1897年。
  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 渡辺欽城 編『町村行脚 歩むまゝ』武陽新報社、1921年。
  • 荒井酒竹 著『武相のぞき』武相大観社、1926年。
  • 篠田皇民 著『自治団体之沿革 東京府之部』東京都民新聞社、1931年。
  • 青梅国民学校郷土誌編輯部 編『青梅郷土誌』青梅国民学校、1941年。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978年、ISBN 4040011309
  • 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180

関連項目[編集]