青森インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青森インターチェンジ
青森インターチェンジ(料金所)
青森インターチェンジ(料金所)
所属路線 E4 東北自動車道
IC番号 54
料金所番号 07-953
本線標識の表記 国道7号標識 青森 三内
フェリー埠頭
起点からの距離 679.5 km(川口JCT起点)
青森JCT (2.1 km)
接続する一般道 国道7号標識国道7号
供用開始日 1979年昭和54年)9月27日
通行台数 x台/日
所在地 038-0043
青森県青森市大字岩渡字熊沢250-259
備考 青森自動車道方向とは接続されていない。
テンプレートを表示
東北道下り500m前の標識

青森インターチェンジ(あおもりインターチェンジ)は、青森県青森市にある東北自動車道インターチェンジで、東北自動車道の終点である。

隣の青森JCTは当ICと青森自動車道の相互接続をしていないハーフJCTのため、当ICは浪岡IC方面への流出入だけ可能である[1]

東日本高速道路東北支社青森管理事務所が併設されている。

歴史[編集]

2003年に青森自動車道が供用開始されたことにともない、約2 km先に青森JCTが設置され、JCTでは走行車線(外側)に接続するように変更された。

年表[編集]

周辺[編集]

道路[編集]

本線[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:9
  • 出口の一般レーンは、料金精算機が設置されており、ドライバー自ら料金を精算する。

入口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2

出口[編集]

  • ブース数:6
    • ETC専用:1
    • 一般:5

[編集]

E4 東北自動車道
(53) 浪岡IC - 青森JCT - (54) 青森IC

逸話[編集]

東北道終点に設置されていた"おつかれさま"の看板(旧)

青森インターチェンジ付近に、長距離走行者への労いの言葉を表した「おつかれさまでした」の看板が存在する。1979年9月大鰐弘前インターチェンジ - 青森インターチェンジの開通と同じタイミングで設置された。かつての表記はおつかれさまでしたではなく「おつかれさま」であったが、2019年5月21日におつかれさまでしたというより丁寧な言い回しにしたものに表記が変更されている。変更にあたり利用者から苦情や要望があったわけではなく、NEXCO東日本東北支社による自主的な判断とされる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ご利用時に注意が必要なICやJCT(NEXCO東日本エリア)”. 東日本高速道路. 2014年2月22日閲覧。
  2. ^ 同区間が高速自動車国道で結ばれたのは、磐越自動車道が全線開通した1997年(平成9年)10月1日である。
  3. ^ “「おつかれさま」→「おつかれさまでした」 青森ICの名物看板が「丁寧」になった理由”. ニフティニュース. (2019年6月3日). https://news.nifty.com/article/item/neta/12150-293805/ 2019年6月5日閲覧。 

関連項目[編集]