青森教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

青森教会(あおもりきょうかい)は、青森県青森市にある、メソジスト系の日本基督教団の教会である。

1878年(明治11年)、弘前教会が青森市に二つの講義所を設けた。毎週土曜日に出張し、日曜日に講義をした。1879年、本多斎が浜町の民家で日曜日聖書を講義した。

1880年(明治13年)より青森市大町で宿屋で説教をし、会衆が増加したが、1881年に本多が函館に転任する。1883年(明治17年)に中田久吉が伝道を再開する。1886年(明治19年)に沢井弘之助が就任すると教勢は伸びる。

1891年(明治24年)、会堂を建設する。1903年(明治37年)に会堂を処分し、ガンブル記念会堂を建設する。1910年(明治43年)に火災で焼失するが、1911年(明治44年)に会堂を再建する。

1945年(昭和20年)に米軍空襲で焼失するが、1950年(昭和25年)に青森出身の石黒良吉が教会再建のために着任し、1951年(昭和26年)に新しい会堂を献堂する。

参考文献[編集]