青森県第4区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗青森県第4区
行政区域 2017年廃止
(2017年7月16日現在)
比例区 廃止
設置年 1994年
廃止年 2017年
選出議員 廃止
有権者数 0人
0 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

青森県第4区(あおもりけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2017年(平成29年)の公職選挙法改正で廃止。

選挙区域[編集]

青森市(旧浪岡町域)を除き、当選挙区の廃止後は青森県第3区へ移行した。

歴史[編集]

旧青森2区は、北津軽郡五所川原市を含んでいた。田沢吉郎竹内黎一木村守男保守系候補に革新系候補津川武一山内弘などが食い込む状況であった。

小選挙区制度になり、1回目は新進系の木村守男は知事選出馬により、息子木村太郎地盤を継承。自民の田沢、竹内は年齢の問題もあり、津島恭一に地盤を継承し、比例単独出馬をするが、コスタリカ方式をとらなかったために、比例順位が低く設定され、両者落選即引退となる。なおこの選挙で太郎が当選したため、自民党は選挙区での議席を完全に失った。

その後、新進党の解党に伴って太郎が自民党へ移籍したため、2000年は津島が比例単独候補として立候補するも落選。その後、御法川英文の死去による繰り上げ当選でようやく議員となる。2003年は太郎は安定した地盤で選挙区圧勝、いっぽう議員となり上位搭載となった津島は比例当選。しかし2005年郵政民営化選挙では、民営化に反対した津島が、国民新党へ鞍替えしたため、選挙区での久々の選挙になるものの、選挙区で確実に当選を積み重ねた太郎に完敗、比例復活もできなかった。

2009年は自民党に全国的な逆風が吹き荒れるなか、なんとか太郎が逃げ切ったものの民主党に移籍した津島に初めて比例復活を許した。だが2012年には太郎が7万票近い大差をつけて圧勝し、津島はあえなく落選した。

2014年、民主党を離党した津島は出馬せず、太郎が圧勝した。

2017年7月16日、改正公職選挙法の施行によって次期衆院選より廃止されることが決定した。

7月25日に太郎が死去し、10月22日に補欠選挙で最後の選出議員が選挙される予定であったが、9月28日に衆議院が解散されて補欠選挙が総選挙に統合されたため、当区は欠員のまま廃止されることとなった。ただし旧4区の区域はほぼそのまま青森県第3区に移行して選挙が行われた。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年 木村太郎 新進党 新進党解党後は自民党に移籍
第42回衆議院議員総選挙 2000年 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年
第46回衆議院議員総選挙 2012年
第47回衆議院議員総選挙 2014年

選挙結果[編集]

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎49自由民主党79,156票
59.5%
――公明党
山内崇59民主党38,106票
28.6%
48.1%
千葉浩規59日本共産党15,831票
11.9%
20.0%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎47自由民主党104,544票
66.5%
――
津島恭一58民主党35,141票
22.3%
33.6%
千葉浩規51日本共産党17,594票
11.2%
16.8%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎44自由民主党112,563票
52.6%
――
比当津島恭一55民主党97,747票
45.7%
86.8%
石田昭弘50幸福実現党3,719票
1.7%
3.3%
  • 石田は2014年に行われた平川市議会補欠選挙に無所属で立候補し、当選。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎40自由民主党113,704票
55.9%
――
渋谷修55民主党41,489票
20.4%
36.5%
津島恭一51国民新党38,027票
18.7%
33.4%
船水奐彦59日本共産党10,222票
5.0%
9.0%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎38自由民主党110,675票
63.6%
――
渋谷修53民主党40,864票
23.5%
36.9%
遠藤節子59日本共産党13,524票
7.8%
12.2%
井上浩51社会民主党8,864票
5.1%
8.0%
  • 渋谷は中選挙区制の頃は旧東京9区、小選挙区制移行後の96年、2000年の選挙は東京11区で活動をしていた。

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎34自由民主党126,056票
69.0%
――
田沢摩希子31社会民主党36,354票
19.9%
28.8%
遠藤節子56日本共産党20,334票
11.1%
16.1%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
木村太郎31新進党101,059票
52.4%
――
津島恭一42自由民主党70,590票
36.6%
69.9%
木村昭四郎69日本共産党21,034票
10.9%
20.8%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]