青森県道137号七ツ館板柳線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
青森県道137号標識
青森県道137号 七ツ館板柳線
制定年 1961年
起点 五所川原市大字七ツ館(地図
国道101号交点
主な
経由都市
鶴田町
終点 北津軽郡板柳町地図
国道339号県道35号交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0101.svg 国道101号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道160号標識
青森県道160号羽野木沢梅田線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道33号標識
青森県道38号五所川原黒石線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道150号標識
青森県道150号持子沢鶴田線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道158号標識
青森県道158号胡桃舘鶴田線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道35号標識
青森県道35号五所川原岩木線
Japanese National Route Sign 0339.svg 国道339号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

青森県道137号七ツ館板柳線(あおもりけんどう137ごう ななつだていたやなぎせん)は青森県五所川原市大字七ツ館から北津軽郡鶴田町を経由し、板柳町に至る一般県道である。

概要[編集]

路線は五所川原市大字七ツ館の国道101号交点から青森県道38号五所川原黒石線に重複して始まり、北津軽郡鶴田町横萢で県道38号から西へ分岐する。路線は概ね南方向へ進み、国道339号青森県道35号五所川原岩木線交点の五差路交差点で終点となる。

路線データ[編集]

以下は青森県例規集に収録されているデータである。[1]

  • 起点 : 五所川原市大字七ツ館
  • 終点 : 北津軽郡板柳町
  • 重要な経過地 : 北津軽郡鶴田町

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線の施設など[編集]

  • 胡桃舘文化センター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 県道の路線の認定”. 青森県 (1961年2月10日). 2018年1月22日閲覧。

関連項目[編集]