青森県道46号川内佐井線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
青森県道46号標識
青森県道46号 川内佐井線
主要地方道 川内佐井線
制定年 1983年
起点 むつ市川内町(地図
国道338号交点
終点 下北郡佐井村地図
国道338号交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0338.svg 国道338号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道253号標識
青森県道253号長後川内線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

青森県道46号川内佐井線(あおもりけんどう46ごう かわうちさいせん)は青森県むつ市川内町から下北郡佐井村に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

起点のむつ市川内町で、下北半島の海岸線を経由する国道338号から分岐し、下北半島の内陸側の湯の川温泉を経て、佐井村の終点で再び国道338号に接続する。

脇野沢村(現むつ市)と佐井村の間に国道338号(海峡ライン)が開通する以前から(開通当時は県道)、佐井村や大間町方面と、川内町(現むつ市)や脇野沢村方面を結ぶ県道として開通し利用されていた。

また、海峡ラインは国道昇格後もしばらくは未舗装区間が残り、県道46号が先に全線で舗装化した。

路線データ[編集]

  • 起点:むつ市川内町[1]国道338号交点)
  • 終点:下北郡佐井村[1](国道338号交点)

歴史[編集]

路線状況[編集]

冬期通行止[編集]

  • むつ市川内町湯ノ川 - 佐井村川目(12月上旬 - 4月下旬)

地理[編集]

交差する道路[編集]

沿線の施設など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 県道の路線の認定”. 青森県 (1983年1月11日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]