青森総合鉄道部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青森総合鉄道部(あおもりそうごうてつどうぶ)は、青森県青森市にある日本貨物鉄道(JR貨物)東北支社の車両基地である。青い森鉄道線青森信号場(旧青森操車場)構内にあり、東日本旅客鉄道(JR東日本)青森車両センター東派出所を併設していた。

盛岡貨物ターミナル駅構内に盛岡貨物ターミナル派出を設置している。

沿革[編集]

これ以前の沿革は青森車両センター#東派出所を参照のこと。

  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、青森機関区を日本貨物鉄道に継承。旅客機関車部門をJR東日本青森東運転区(後の青森車両センター東派出所)に分離。同時に機関車の仕業検査業務・誘導入換業務をJR東日本に委託。
  • 2001年4月1日:青森総合鉄道部に改称。
  • 2002年12月1日:JR東日本から受託していた青森駅構内の列車入換(DE10形牽引)の運転業務(青森信号場 - 青森駅 - 青森車両センター間)の受託を解除(客車列車の快速海峡が廃止されたため)。
  • 2008年3月15日:仕業検査業務・誘導入換業務のJR東日本への委託を解除。仕業検査業務を直轄化、誘導入換業務を八戸臨海鉄道へ委託(青い森鉄道への移管に備え、青森車両センター東派出所が廃止されたため)。
  • 2010年12月4日:青森信号場構内に青い森鉄道運輸管理所が設置されたことに伴い、仕業検査業務の拠点を東青森駅構内に移転。当所では基本的に乗務員交代のみとなる。

関連項目[編集]