青森西バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道7号標識
国道101号標識

青森西バイパス(あおもりにしバイパス)は、青森県青森市大字戸門から同市大字篠田に至る総延長 7.8km国道7号バイパスである。地元住民からは「西バイパス」や、「西バイ」と呼ばれている。戸門より西側は、鶴ヶ坂バイパスに接続している。

概要[編集]

  • 起点 : 青森県青森市大字戸門
  • 終点 : 青森県青森市千刈2丁目
  • 総延長 : 7.8km
  • 車線数 : 設計上は4車線(青森厚生病院以西は2車線。一部7車線)
  • 2008年9月に当バイパスと国道7号起点までは指定区間から外れた。

歴史[編集]

なお、JR津軽線をまたぐ跨線橋である青森高架橋 (993.8m) は当時 青森県内で、最長の橋であった。
  • 2006年3月29日 : 青森高架橋 4車線化。
  • 2012年11月26日 : 青森市大字戸門-青森市大字新城 間 (1.5km) 4車線化

地理[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 出典:東奥年鑑1974年版巻頭ページの『主なニュース写真』より(つがる市立図書館で閲覧)

関連項目[編集]