青楓美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 青楓美術館
Seifu Art Museum
Seifu Art Museum.JPG
施設情報
愛称 青楓美術館
前身 青楓美術館(個人所有)
事業主体 笛吹市
開館 1974年10月23日
所在地 405-0051
山梨県笛吹市一宮町北野呂3-1
位置 北緯35度39分38.1秒 東経138度42分21.0秒 / 北緯35.660583度 東経138.705833度 / 35.660583; 138.705833座標: 北緯35度39分38.1秒 東経138度42分21.0秒 / 北緯35.660583度 東経138.705833度 / 35.660583; 138.705833
プロジェクト:GLAM

青楓美術館(せいふうびじゅつかん)は、山梨県笛吹市の旧一宮町にある市立美術館である。

概要[編集]

明治から昭和にかけて活動した京都市出身の画家津田青楓(1880年-1978年)の作品を専門とする美術館である。

津田青楓と親交のあった一宮町出身の歴史研究家、小池唯則が私財を投じて1974年(昭和49年)10月に開館した。数年後に小池唯則が亡くなり、1984年(昭和59年)9月に唯則の娘、節子より当時の一宮町に寄贈され、現在では合併新設された笛吹市に引き継がれ管理運営されている。

収蔵品[編集]

津田青楓は、洋画、日本画、デッサン、書など、幅広い作風を手がけ、同美術館は青楓の遺族、コレクターから寄贈された約500点を収蔵しており、春と秋の年2回展示替えを行っている。館内は1階と2階に展示室があり、1階には代表作である「疾風怒涛」(1932年)が常時展示されており、他にも彫刻、工芸品、書簡、画具などが展示公開されている。

存続の危機[編集]

2009年美術館を管理運営する笛吹市教育委員会により、入館者数の減少を理由に2011年3月をもって閉館する方針が打ち出されたが、これまで美術館を積極的にアピールすることなく入場者減を招いた市の対応に疑問をもった複数の関係者により、入館者増加に向けたさまざまな取り組みが行われた結果、入館者は増え、2010年11月、市教育委員会は方針を一転し存続することを決定した[1]

基本データ[編集]

所在地[編集]

  • 山梨県笛吹市一宮町北野呂3-1

利用案内[編集]

以下2011年2月現在。

開館時間
  • 午前9時30分から午後5時
    • 入館は午後4時30分まで
休館日
  • 月曜日、祝日の翌日(土日を除く)
  • 年末年始
入館料
  • 大人 300円
  • 大学・高校生 200円
  • 小学生 100円
  • 団体(20人以上)は大人200円、大・高校生150円、小学生80円

交通アクセス[編集]

公共交通[編集]

自動車[編集]

周辺[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 青楓美術館存続へ 笛吹市教委入館者増で方針転換 山梨日日新聞 2010年11月
[ヘルプ]

関連項目[編集]