青翔開智中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青翔開智中学校・高等学校
Seishoukaichi junior and senior high school.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人鶏鳴学園
設立年月日 2014年4月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 31508H
所在地 680-8066
鳥取県鳥取市国府町新通り3丁目301-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

青翔開智中学校・高等学校(せいしょうかいちちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、鳥取県鳥取市にある併設型中高一貫制私立中学校高等学校である。鳥取県東部(因幡地域)では初の中高一貫校として開校した。

校地は旧国立療養所鳥取病院跡にあり、病院時代に使われていた体育館はそのまま利用している。

概要[編集]

歴史

2014年4月に青翔開智中学校・高等学校として開校。学校長は鶏鳴学園の理事長である。生徒数は186名(2016年5月現在)で、1人1台がiPadを持つ学校として注目を集めている。

建学の精神

情熱と好奇心をもって物事を探究し、自律と協調の両立をはかり、共に成長し、たゆまぬ挑戦と努力の継続でさらなる飛躍を目指すことができる有為な人材の育成を目指す。

教育方針

・探究:興味や問題点を自ら発見し、自発的・主体的に行動し解決できる生徒を育てます。

・共成:自主自律の基、他者を重んじる人間を育成し、将来日本のみならず世界の各界で活躍できる生徒を育てます。

・飛躍:「何を学びたいか」を大切に探究型学習で鍛えた好奇心と情熱を自分の進路実現へと結びつけ、 自ら進路選択できる生徒を育てます。

沿革[編集]

関連校[編集]

関連項目[編集]