青谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青谷駅
駅舎 背後の工場は鳥取森田本社
駅舎 背後の工場は鳥取森田本社
あおや
Aoya
浜村 (5.2km)
(6.1km)
所在地 鳥取県鳥取市青谷町青谷4041
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 A 山陰本線
キロ程 252.8km(京都起点)
電報略号 アオ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
504人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1905年明治38年)5月15日
備考 業務委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示

青谷駅(あおやえき)は、鳥取県鳥取市青谷町青谷にある西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

快速「とっとりライナー」は全て停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式の1番のりば側にあり、島式の2・3番のりばへは跨線橋で連絡している。一線スルー化はなされていないため、副本線である3番のりばへの発着列車を除いては方向別にホームを使い分ける。青谷駅の鳥取方面手前約100mには引込み線があり、保線車両が停車している場合もある。

鳥取鉄道部が管理し、JR西日本米子メンテックが駅業務を受託する業務委託駅であり、駅舎内に自動券売機が設置されているほか、早朝と夜間を除いてPOS端末による窓口発券も行う。便所は改札内(1番のりば)の男女別の水洗式便所

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 A 山陰本線 上り 浜村鳥取方面 一部3番のりば
2・3 下り 倉吉米子方面  

上り本線は1番のりば、下り本線は2番のりば。3番のりばは上下副本線であり、通過待ちや午後にある鳥取駅 - 当駅間の区間列車の折り返しに使われる。

利用状況[編集]

「鳥取市統計要覧」によると、2017年度の年間の乗車人員は18.4万人で、1日平均の乗車人員は504人と算出できる。

近年の乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 年間
乗車人員
1日平均
乗車人員
2010年 27.1万 742
2011年 24.2万 661
2012年 24.5万 671
2013年 23.0万 630
2014年 21.3万 584
2015年 19.8万 541
2016年 17.8万 488
2017年 18.4万 504

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

乗合タクシー[編集]

隣の駅[編集]

※快速「とっとりライナー」(当駅には全て停車)の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
A 山陰本線
浜村駅 - 青谷駅 - 泊駅

関連項目[編集]