青野太潮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青野 太潮(あおの たしお、1942年 - )は、日本の神学者聖書学者、西南学院大学名誉教授。専門分野は新約聖書学、原始キリスト教史。

来歴[編集]

静岡県生まれ。静岡県立静岡高等学校卒業。国際基督教大学(ICU)教養学部人文学科卒、東京大学大学院人文科学研究科西洋古典学専攻博士課程中退。スイス・チューリッヒ大学神学部博士課程修了、神学博士。同年西南学院大学神学部に奉職。助教授、教授(新約学)、神学部長。2013年定年退任、名誉教授。平尾バプテスト教会協力牧師。2009年より2017年まで日本新約学会会長。[1]

著書[編集]

  • 『「十字架の神学」の成立』ヨルダン社 1989
  • 『見よ、十字架のイエス 神の逆説的な働き』中川書店 1992
  • 『どう読むか、聖書』朝日選書 1994
  • 『十字架につけられ給ひしままなるキリスト 説教・講演集』コイノニア社 2004
  • 『「十字架の神学」の展開』新教出版社 2006
  • 『「十字架の神学」をめぐって 講演集』新教出版社 新教新書 2011
  • 『最初期キリスト教思想の軌跡 イエス・パウロ・その後』新教出版社 2013
  • 『パウロ 十字架の使徒』岩波新書 2016
共編
  • 『現代聖書講座 第2巻 聖書学の方法と諸問題』木幡藤子共編 日本基督教団出版局 1996

翻訳[編集]

  • 『神は言葉のなかへ E.シュヴァイツァー説教集』ヨルダン社 1980
  • P.シュトゥールマッハー『EKK新約聖書注解XVIII ピレモンの手紙』教文館 1982
  • 『立ちつくす神 E.シュヴァイツァー滞日説教・講演集』ヨルダン社 1983
  • P.ラピデ, J.モルトマン『唯一神か三一神か ユダヤ教とキリスト教の対話』松見俊共訳 ヨルダン社 1985
  • E.シュヴァイツァー『山上の説教』片山寛共訳 教文館 聖書の研究シリーズ 1989
  • ブルトマン著作集 9 聖書学論文集 3』天野有共訳 新教出版社 1994
  • 『新約聖書 4 パウロ書簡岩波書店 1996

[編集]

  1. ^ 青野太潮教授履歴および業績 (青野太潮教授 古稀記念号) 西南学院大学神学論集 2013-03 。