青野武一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青野 武一(あおの ぶいち、1899年明治32年)9月7日[1] - 1959年昭和34年)12月9日[1][2][3])は、大正・昭和期の労働運動家、政治家衆議院議員

経歴[編集]

愛媛県新居郡、のちの西条市 [1]で生まれる[注 1]高等小学校を卒業後、八幡製鐵所に入り職工として勤務[1]。日本労友会に加わり、1920年(大正9年)同製鐵所の大争議に参加した[1]。日本労友会が解散した後、1925年(大正14年)九州民権党が結成され執行委員に就任[1]。その後、日本大衆党労農大衆党社会大衆党日本無産党などの八幡支部書記長を務めた[1][3]。1927年(昭和2年)12月、製鐵所を解雇され[1]、1929年(昭和4年)から1942年(昭17年)まで八幡市会議員に在任した[1][3]

戦後、日本社会党に加わり[1]、1949年(昭和24年)1月の第24回衆議院議員総選挙福岡県第2区から出馬して初当選し[4]、以後、第27回総選挙まで再選され[5]、衆議院議員に連続4期在任した[1][2][3]。この間、衆議院決算委員長、社会党中央執行委員、同事業部長、同出版部長、同機関紙部長、同福岡県連執行委員長などを務めた[2][3]。国会では決算委員として造船疑獄の追求を行った[1]。その後、第28回総選挙に立候補したが落選した[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典』7頁、『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』11頁では福岡県出身。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『福岡県百科事典』上巻、8頁。
  2. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典』7頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』11頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』350頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』350-351頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』352頁。

参考文献[編集]

  • 『福岡県百科事典』上巻、西日本新聞社、1982年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。