青2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
青2号
 
16進表記 #324C51
RGB (50, 76, 81)
マンセル値 2.5B 3/2.3
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」

青2号(あお2ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

「ウルトラマリン」とも呼ばれ、現在も使用されている青15号よりも深い色である。

1949年から行なわれた国鉄モハ32系電車の更新修繕に伴い、横須賀線に使用される車両については、薄クリーム色と青色への塗り替えが施されることになった。この時、裾色として採用されたものが本色である。その後登場した70系電車にも採用され、クリーム2号と組み合わせて「スカ色」という通称で親しまれた。その後「スカ色」の色合いはクリーム1号青15号に変化した。また黄かん色との組み合わせは「静鉄色」と呼ばれ、飯田線でカラー化当初の旧型国電に使用されている。

1962年の外部塗色の一部統合標準化により、廃止となったが、レイルマガジン誌に連載されていた「けいめいのいらすとのーと」によれば、その後もEF58形電気機関車のブルートレイン用塗装において使用されていたと言われている。

使用車両[編集]

近似色[編集]

関連項目[編集]