青20号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
青20号
慣用色名称「ブライトブルー」
 
16進表記 #003F6C
RGB (0, 63, 108)
マンセル値 4.5PB 2.5/7.8
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
初めて青20号を採用した新幹線0系電車
青20号を地色とした24系客車
青20号を帯色とした常磐線415系電車
24系客車に合わせた車体色のJR東日本のEF510形電気機関車

青20号(あお20ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

概要[編集]

それまで標準的に使用されていた青15号よりも明るい青色で、国鉄部内での慣用色名称は「ブライトブルー」である。マンセル値は「4.5PB 2.5/7.8」。

1964年新幹線0系電車の窓周りの帯の色として初めて採用。JR移行後も、東海道新幹線で運行される車両の帯色として使用されている。それゆえ「新幹線ブルー」の異名もある。

1970年には12系客車の地色に採用され、14系寝台車が登場した1971年以降は、特急形寝台客車の地色として使用された。なお、14系寝台車が登場直後は「ニューブルートレイン」とも称されたため、この色についても「ニューブルートレイン色」と呼ばれたことがあり、鉄道模型用の塗料である「タカラ鉄道カラー」においても、そのように称していた。

変わった例としては、福塩線において戦前型旧形国電が、青20号1色に塗装されていたことがある。

また、1981年に登場した福塩線105系の帯色に採用されたのをはじめとして、広島地区や福知山線、常磐線の中距離電車の帯色としても採用された。なお、JR九州の車両や岡山地区の213系電車の濃い色として用いられる青帯は、類似した色調ではあるが青23号(JR九州の415系1500番台は青24号)という別の色である。

西日本旅客鉄道(JR西日本)のコーポレートカラーもこの色に近い色合いである。

使用車両[編集]

新幹線[編集]

客車[編集]

電車[編集]

電気機関車[編集]

ディーゼル機関車[編集]

  • DD51形 - EF510形500番台同様、北斗星塗色機の車体色

近似色[編集]

関連項目[編集]